フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 今すぐドライブしたくなる「関東の滝」ベスト5(3号佐竹) | トップページ | この滝がすごい!「日本の滝百選」を超える裏名瀑を出版しました!(4号BAL) »

この滝がすごい!「日本の滝百選」を超える裏名瀑を出版しました!(3号佐竹)

ついに私たち3人の初の文庫本「この滝がすごい!」が
発売になりました。がここに至るまでの道のりは決して
平坦ではありませんでした。

私が滝の本を出版しませんかと声を掛けられたのは
2010年9月19日に東京カルチャーカルチャーで開催
された古都・奈良をテーマにしたトークイベントで、その時に
たった一人、空気を読めない「場違いな」出演者として

「奈良県は日本一の滝王国!」

「古都・奈良といってもせいぜい
1300年くらいの歴史、滝の歴史は
もっともっと古い!」


などと会の趣旨などは一切考えずに「実にバカバカ
しいプレゼン」
をしているのが目に止まったようです。

それからトントン拍子に話は進んだのですが、その際にあの
「東日本大震災」が起こり、滝の本の話は消滅してしまいました。

しかしながら、当時私たちの担当をしていてくれた方が別の
出版社で滝の本の企画を蘇らせてくれました。

しかし、一度天国から地獄を味わったため、最後の最後まで
本当に滝の本が出版されるのかずっと半信半疑でした。

滝の本の原稿も私はサクサク作ることが出来たのですが、
森本さんは一向に筆が進む様子がなく。。。

あれは私がちょうど10本の原稿を書き終えた時のことです。
その時点でBALさんは3~4本くらいの原稿を書き終えてましたが、
森本さんは未だに0本でした。

私はこう思いました。森本さんは書いてないんじゃなくて、
書けない人なんだ
。。。と。。。

ぶっちゃけ、私とBALさんと2人で本を出すしかないかな?
こんなに森本さんの原稿があがらないんじゃ、また幻の本に
なっちゃうんじゃないかな?等々ずっと不安に思っていました。

そんなこんなだったんで、もう出せればなんでもいいや。。。
大ヒットや続編なんて望むべくもないや。。。と思っていましたが、
結果的に最終的に完成したすべての原稿を読んで、シビれました。

スゴい面白かったからです。自画自賛でバカみたいですが、
まさかこんなに面白い本になるなんて。。。とビックリ仰天しました。

当然ですが、滝に行くためのスキルと文章を書けるかどうかは
まったくの別物です。しかしながら、森本さんの原稿もBALさんの
原稿も読んでいて実に面白いです。結果的に3人ともに書ける人
だったということなのでしょうか?

いずれにしても夢が叶いました。自分が持てる力と滝に対する
想いを余すとこなく100%表現することができました。これまでには
ない滝の本になっていると思いますので、ぜひ手に取ってご一読
いただけると幸いです。

最後に中経出版の小林さんには本当にお世話になりました。
掲載する滝を当初の半分くらいに削らなくなった時に、
「もうこのような機会はないかも知れませんので、後悔の
ないようにして下さい」
とおっしゃっていただき本当に感謝して
います。最後まで私たちのわがままを聞いて下さり、そしてやりたい
ようにさせていただいたことを心から感謝いたします。この場を借りて
お礼申し上げます。

(3号佐竹) 

« 今すぐドライブしたくなる「関東の滝」ベスト5(3号佐竹) | トップページ | この滝がすごい!「日本の滝百選」を超える裏名瀑を出版しました!(4号BAL) »

出版情報・出版ネタ」カテゴリの記事

3号佐竹の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233342/53141756

この記事へのトラックバック一覧です: この滝がすごい!「日本の滝百選」を超える裏名瀑を出版しました!(3号佐竹):

« 今すぐドライブしたくなる「関東の滝」ベスト5(3号佐竹) | トップページ | この滝がすごい!「日本の滝百選」を超える裏名瀑を出版しました!(4号BAL) »

日本の滝百選マップ(地図)

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック