フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 自分だけのアングルで滝の写真が撮れた時ある?(4号BAL) | トップページ | ブログ開設50ヶ月(4号BAL) »

自分だけのアングルで滝の写真が撮れた時ある?(1号森本)

 うーん、あんまりないんですよね。滝の真下に行けばいろいろなアングルで撮りますけど、それはたぶんみんなやっている事なわけで。
 あるとすればBALさんが言っているような「段瀑の遠望」でしょうか。たとえば奥日光の緑滝。普通に滝へ行くと下の写真のように一段一段を見る事になって、全体の姿を一度に見る事は出来ません。
Imgp1173 Dsc_0152 Dsc_0145

 しかし中禅寺湖南岸尾根から遠望すれば、その全容を見る事が出来ます。この遠望写真はあんまり見たことがないので、ちょっとだけ自慢です。
Dsc_0199

 あとは尾瀬の入口、檜枝岐村にあるモーカケの滝。普通は展望台からなのですが、滝壺へ行くと裏からも見ることが出来ます。この滝はあまり滝壺からの写真をみかけません。沢を登ればそんなに難しいわけではないのですが。
Dsc_2794

Imgp1259_2

 最後は奥日光の庵滝。テレビチャンピオンで使われたこのアングルで写す人はこの時までほとんどいなかったようで、それ以来このアングルで撮影できる場所は、通称「M(もりもと)ポイント」と呼ばれています(?)。
Dsc_9655

« 自分だけのアングルで滝の写真が撮れた時ある?(4号BAL) | トップページ | ブログ開設50ヶ月(4号BAL) »

1号森本の記事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分だけのアングルで滝の写真が撮れた時ある?(1号森本):

« 自分だけのアングルで滝の写真が撮れた時ある?(4号BAL) | トップページ | ブログ開設50ヶ月(4号BAL) »

日本の滝百選マップ(地図)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック