フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 滝好きとして自分に足りないものは?(4号BAL) | トップページ | 滝好きとして自分に足りないものは?(6号てるりん) »

滝を観るための地形技能講座

「滝を観る・・・千葉県の滝を例に・・・」 http://chibataki.poo.gs  
の管理人で滝を観察するための地形学と観察技術については右に
出る方がいない滝おやじ(吉村)さんが[滝を観るための地形技能講座」
を計画されるそうです。以下に滝おやじ(吉村)さんからのメールを転送
しますので、興味がある方はご確認、お問い合わせ下さい。


[滝を観るための地形技能講座」
私・滝おやじも、そろそろ歳なので、思うところあり、1回ぐらいは、滝の好きな
方々のための講座を開いて、滝の好きな方々と話し合ってみたいと思い、
滝オタクの、滝の地学オタクによる、滝オタクのための講座を計画しました。

滝はそろそろ発見の時代から記載の時代に入ろうとしています。その時期に
当たって、滝を観察するための地形学と観察技術などを紹介します。
あるいは、観光滝でも楽しめる、観光滝だからこそ楽しめる滝の見方として、
聞いていただいても良いかも。参加された方々との議論を楽しみにしています。

千葉県立中央博物館の正式講座です、一応。
県外の方のために、1回で片付くようにと、2日連続。
滝の観察技法については、今のところ一般向きの本もないので、
ご参加いただいて損はないと自負しております。

 
内容詳細:まだ完全には固めてないけど、

1日目 滝の理論編:滝の定義、用語、分類、河川地形の考え方、理論の紹介。

2日目 実地と調査、記載の技術:滝の測量、瀑布帯縦断形の作図、地学スケッチ、
     地形図空中写真の読図と滝の成因判読、地質図/地すべり分布図の
     地形図移写と読図など。

滝の探索・現地観察・記録にかんする地学の理論と実際ダイジェストですかね。

開催地・会場 千葉県立中央博物館研修室 千葉市中央区

開催日時 2013/2/9(土)、2/10(日) 10:00~15:00

シリーズ名 地学講座

受付方法 申込み制 〆切り1月26日 
       その後でも私の所にメールくだされば、ご連絡します。

対象・定員 大人・10名・・・そんなに来る訳ないという予想だが、
                 万一でも2~3名余裕あり。

講師 滝おやじ(吉村)

入場料:不要, 保険料:不要, 実費負担:なし

博物館の申込み頁は http://www2.chiba-muse.or.jp/?page_id=57 より。

連絡・問い合わせ先は 滝おやじ宛 doutakioyazi@infoseek.jp 

参考
http://chibataki.poo.gs  「滝を観る・・・千葉県の滝を例に・・・」

« 滝好きとして自分に足りないものは?(4号BAL) | トップページ | 滝好きとして自分に足りないものは?(6号てるりん) »

3号佐竹の記事」カテゴリの記事

コメント

佐竹様
お知らせ、載せて頂きありがとうございます。
おかげさまで、申込みは9割方埋まりました。まだ、空きと余裕がございます。(^^;)
 滝の、変化する地形としての面白さを紹介したいと思って準備を進めています。
 予習用資料をお送りするか考慮中。 滝に関する読図とか、地質図の地形図写しなど。または、滝の解説書文章など。
 博物館のIN上からの申込みは、26日までですが、その後は私宛ご連絡ください。
 doutakioyazi@infoseek.jp 

>滝おやじさん

申込みが9割方も埋まるなんてスゴいですね!私も当日を楽しみにしてますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233342/48912255

この記事へのトラックバック一覧です: 滝を観るための地形技能講座:

« 滝好きとして自分に足りないものは?(4号BAL) | トップページ | 滝好きとして自分に足りないものは?(6号てるりん) »

日本の滝百選マップ(地図)

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック