フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

滝巡りをする際にお薦めの便利グッズ・お助けグッズ(3号佐竹)

Dscn3269
(北海道・羽衣の滝)


以前から口酸っぱく言っておりますが、私は
簡単にたどり着けるお手軽滝をこよなく愛する
遊歩道系のヘタレ滝ヤです。

もちろん、そういう滝は基本、何の装備も必要がない滝です。

なので…、便利グッズ・お助けグッズと言われても…って感じです。

あっ、でもちょっと厳しい滝に行く時に森本さんやBALさん
同行してくれたらどんなに心強いことかとは思ったことは多々
ありますけどね。(まぁ~2人は嫌がるだろうけどcoldsweats01)

そんなこんなで便利なグッズ・お助けグッズといわれても
パッと思い浮かばないヘタレ滝ヤさんです。

あっ、でも行程が長い滝だとshineshineを持って行くと
かなり役立つ(はて?何で役立つんだっけ?)ことが
あります。といってもshineshineを持って行った方がいいか
どうかはいつもBALさんに聞いているのですが…。

ちなみに森本さんに聞いてもイマイチ要領の得ない回答が
返ってくることが多いです。まぁ~レベルが違うのもそうなん
ですが、そもそもあの人は浮世離れしている人ですからねぇ。

おっと、今日もまた脱線だぜぇ~typhoon


3号佐竹

お勧めのiPhoneアプリ(1号森本)

 どうも、スマホ歴6年のもりもとです。ずーっとNokia端末でSymbianOSを使っていましたが、今年からiPhoneを使っております。Androidは使ったことがないので、今回はiPhoneでおすすめのアプリをご紹介します。なお、全て数百円とはいえ有料アプリですので、ちょっとだけ試すというわけには行きません。この記事が少しでも購入の参考になればと思います…coldsweats01
 ちなみに私は専用GPS機器も持っていますが、地図が表示できない機種なので、最近はもっぱらiPhoneメインになってしまいました。

① DIY GPS
 最初に書いておくと、このアプリの弱点は「予め地図を画像として用意しなければいけない」という事でしょう。このアプリ自体には地図をネットから落とす機能がついていないので、パソコン用のフリーソフト「カシミール3D」などを使って、目的の滝周辺の地図を準備しておく必要があります。しかし言い換えれば、地図を画像にできれば地形図以外でも使えるという事であり、スキャンした登山地図や自分でルートを描き込みした地図を使うなど、アイデア次第では面白いことができそうです。
 それ以外の機能はほぼ無敵で、ログの記録、ログの表示、ログの書き出し、電子コンパスで進行方向に地図を回転、緯度経度標高表示などなど。オススメのアプリです。
Img_0879_2

② やまちず
 こちらは①と違い、国土地理院の「ウォッちず」から出先で地形図をダウンロードできるのが利点です。もちろん圏外ではダウンロードできませんので、電波の入る場所で予めダウンロードしておきましょう。
 このアプリの欠点は、現在地の表示などはできるもののログが取れないという点で、そのため私はメインとしては使っていませんが、急遽予定外の滝へ行くことになったときなど、地図を準備していなくて①が使えない状況で活躍します。
 ちなみにどのアプリでも関係なく言えることですが、iPhoneのGPSはやたらと性能がよくて、ゴルジュの中などでも滅多にロストせずに、正確な位置を示してくれます。

③ Hypsometer
 本来は林業で木の高さを計測するアプリ。滝の高さや滝までの距離を測るのに使えます。ただし、落差50mを越えると精度が極端に落ちるのが欠点です。あと、あまりに滝に近すぎる場所からは正確に計測できません。
 下の写真は常布の滝。落差は33mと出ました。公式には40mですが、確かにそんなものかもしれませんね〜。
Img_0828

 あと、アプリではありませんが、滝に行く場合防水ケースは必須です。iPhone用には何種類か防水ケースが出ていますが、私が使っているのは輸入品の「Life Proof」という製品です。2m防水なので、ポケットに入れたまま水に浸かってザブザブ沢登りしても、滝の真下で瀑水を浴びても大丈夫!。あとケースをつけたままで充電できるのもオススメのポイントです。まあ、値段はちょっとお高めですが…。

滝巡りをする際に役立つ便利グッズ・お助けグッズ(前振り)

Dscn4371
(徳島県・轟の滝)


先日のBALさんの記事で滝巡りをする際に
flairお勧めのscissorsアンドロイドアプリが紹介されていました。

確かにそういうのあるとshine便利upそうですね。

そこで明日から滝巡りをする際に意外と役立つ
便利グッズ・お助けグッズの紹介をさせていただきます。


3号佐竹

最強(理想)の滝ヤとは?(1号森本)

 最強の滝ヤは存在するのか?
…おそらく存在するのでしょうけど、そういう人達は表へ出てこず、マイペースで一人黙々と滝を巡り続けているのではないでしょうか?

 とんでもない秘境の滝をいくつも巡っているけれど、ネットにもメディアにも顔を出さず、決して自慢することもない…。

 そんな最強の滝ヤが必ず存在しているはず!…と、かねてから思っているのですが、実際どうなのでしょうか?

 もし存在していたとしても、誰にも知られることをしないわけなので、お目にかかることもないのでしょう。まあ、個人的な妄想&理想像ではありますがcoldsweats01

最強(理想)の滝ヤとは?(6号てるりん)

最強といわれても分かりません。

自分はマダマダですから。

最強の怖がりというのは、まさに私の事なのですが(苦笑)。

周りにすごい人いっぱいいるなぁ~と思うし。

そう、理想はね・・・。

滝までのルートファイディングがしっかりできるとか

状況を見て行っても大丈夫とかしっかり見極めができる。

そしてサクサクとすすんで行ける。

あ~カッコイイなぁ~heart04

最強(理想)の滝ヤとは?(4号BAL)

雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
滝欲をもち
決して怒らず
いつも冷静に地形図を読む
ザックに行動食と
清涼飲料水と少しの糖分を持ち
あらゆる滝に
自分の感情をぶつけて
よく見聞きし分かり
そして忘れず
滝前の松の林の陰の
小さな看板のある東屋にいて

東に安の滝あれば
行って感動してやり

西に天滝あれば
行ってその虹を追いかけ

南に矢研の滝あれば
行ってこの迫力はこわいくらいだといい

北に流星と銀河の滝あれば
遠望でつまらないから近づきたいといい

日照りの時は滝前で汗を流し
寒さの冬はアイゼンで歩き
みんなに滝バカと呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
そういうものに
わたしはなりたい

(原文) 「雨ニモマケズ」


最強とはなんでしょう?
よく分からないけれど、滝に愛されている人を羨ましく思います。

訪問時に、水量と天候に恵まれる人は滝に愛されていますよね。

私は水量に恵まれているけれど、天候にはからきし縁が無いです。

二物を与えられた人は、最強だと思います。

Sdsc_0030 長野県「北の俣大滝」

最強(理想)の滝ヤとは?(5号プラリネ)

いったい何をもって最強と呼ぶのか…


知識?体力?技量?
数?年数?


ならば あたしは最弱…(〃゚д゚;A A゚Å゚;)ゝ ゚+:.sweat01


あたしは滝界の劣等生でございますsweat02

(人><。)


自分のまわりには
そらすごいひとばかりですよsign03


なんか入っていけない領域を感じます…


てゆーか 毎度毎度言ってるけど

あたしなんぞ
こんなところに混ざって
偉そうに(いや、自分では全然偉そうにしてないですよsweat01
ブログ書いてていいのか

って思いまするー。


ほんと申し訳ないm(_ _)m


でもひとりくらい
問題児がいたほうが面白いかしら?

・・・・・・・って、だめsign02((・(ェ)・;))


まあ最弱ですけど
滝大好き~lovely な気持ちは強力だよgood


「愛はパワーだよheart01


…ってなんかのセリフであったような・・・・。

これからも

自分のペースで

滝道を続けていきますpunch

Calor34h

☆プラリネ☆

最強(理想)の滝ヤとは?(3号佐竹)

17
(三重県・赤目四十八滝)


難易度の高い滝を目指してsadヒーヒーハァハァcrying
言ってる時に「はぁ~この沢を真っ直ぐにスイスイと
登って行けたなら…」
とか「はぁ~この斜面をスイスイと
登って行けたなら…」
って思うことがよくあります。

ってことで沢のスキルと山のスキルの両方を
兼ね備えた
滝ヤさんが最強の滝ヤrockさんなんですかねぇ~。

でも私の場合は基本的に遊歩道がしっかり整備されて
いるお手軽滝にしか行きたくないヘタレ滝ヤdownなので、
実際のところ何がどう備わっていればスゴい滝ヤさん
なのかは実はよくわかりません。

まぁ~でも、取り合えずshine山ヤ系の森本さんshine
shine沢ヤ系のBALさんshineが私の中では理想の滝ヤさんです。
2人を足して2で割らなければ多分最強の滝ヤになるのでは?
まっ、でも目標にはしてませんがねbearing

ヘタレな記事でスイマセン。次の方、宜しくお願いします。

3号佐竹

最強(理想)の滝ヤとは?(前振り)

Dscn6205_2
(佐賀県・観音の滝)


遊歩道系のヘタレ滝ヤdown
の私は『実にしばしば』、
私に「沢登りのスキルがあれば…」、「山登りの
スキルがあれば…」と思うことがあります。

つまり沢登りと山登りのスキルを兼ね備えた
滝ヤさんが『最強の滝ヤ』rockってことになるんですかねぇ~?

ってことで明日から『最強の滝ヤ像』について熱く語ります。

ちなみに私が知ってるbearing最狂happy02の滝ヤさんは
いうまでもなく、森本さんBALさんです(笑)

3号佐竹

一体誰がどうやって滝の全貌を調べてるの?(1号森本)

 仕事のあまりの忙しさに、ブログをすっとばしてしまったもりもとです。というわけで、この記事はテーマからもおわかりのとおり、もっと順番が先のはずだったのですが今日になってしまいました、すみませんsweat01

 さて、滝の全貌ですが、洒水の滝や払沢の滝など、古くから名の知られている滝は、誰かが実際に行って、見ていたと思って間違いないのではないでしょうか?。それは好奇心、或いは信仰によって滝の全貌を知りたいと考えた人かもしれませんし、沢を源流まで遡っていた釣り師かもしれません。実際、滝や山へ行っていると、ビックリするような険しい所に仏様が安置してあったり、磨崖仏が彫られていたりします。

 近代(明治以降)になると正確な地形図を作るため、山の奥深くまで測量隊が実際に入って調べるようになり、その頃になると落差などもかなり正確に測れるようになったことでしょう。

 その後は航空機による測量や、近代的な技術を持ったクライマーにより、剱大滝など最後まで残っていた秘瀑の全貌も明らかになり現在に至ります。

 とまあ、偉そうに書きましたが、私の想像による部分も多い記事ですので、半分信じる程度でお願いいたしますcoldsweats01。こんなのWikipediaに書いたら、[要出典]だらけになっちゃいますよsweat01

 ちなみにネット社会の現在では、GoogleMapなどで航空写真を見れば、場所にもよりますが普通には近寄りがたい滝も見られます。ここでは例として日光の赤岩滝のリンクを下に張っておきます。滝壺からは見られない上段もハッキリ確認できます。いやホント、すごい世の中ですね。

https://maps.google.co.jp/maps?ll=36.768111,139.373953&spn=0.00327,0.00471&t=h&z=18&brcurrent=3,0x601fb2411f41237d:0xa3bc55a90213701c,1

日本の滝百選のデータをすべてアップしました!(3号佐竹)

Dscn9888
(山形県・七ツ滝)


2012年4月29日に双門の滝を、5月4日に七ツ釜滝との
対面を果たして、すべての百選滝を体重100キロ
オーバーupで訪ね歩いた
、おそらく2人といない、
現在体重115キロ超級のカッコ悪いsad百選マスターの
3号佐竹です。

さて、百選マスターになってから3ヶ月が経過しましたが、
この度私のHP「四季折々の滝を巡る旅」ですべての
百選滝のデータアップが完了しましたscissors

百選滝をすべて訪ねるもの本当に大変でしたが、ぶっちゃけ
百選滝をすべてHPにアップするのも本当に大変でしたwobbly

といっても既に百選滝をすべてアップされている方は大勢
いるので、私なりに下記の点を工夫して作りました。
(そうはいっても他の方とだいぶ被っている点もありますが。。。)


○その1~滝を観た時の感激度を5段階で評価する。
森本さんやBALさんを始め、多くの方のHPで滝の評価を
記載していますが、滝巡りを計画する時にこうした滝の評価が
書いてあると非常に参考になります
。ということで私も例に
漏れず、それぞれの滝を観た時の感激度を5段階で評価しました。


○その2~滝を観た時の感想を必ず記載する。
そうはいっても滝の評価だけでは少し物足りないものです。
そこで私はそれぞれの滝を観た時の感想を必ず記載して
アップしました。また滝を観た時の感想は臨場感溢れるものと
するために出来る限り、その滝を観たその場で書くように
していました。


○その3~滝の写真は必ず複数枚アップする。
他の人は滝の写真を超厳選して1枚だけアップしている人が
多いのですが、それだとその滝の魅力というか全容が
伝わらないと思うので、基本的に滝の写真は必ず違う
アングルから撮った複数枚の写真をアップするようにしました。


○その4~滝へのアクセス時間を記載する。
皆さんご存知の通り、私は遊歩道系のお手軽ヘタレ滝ヤ
であり、そんな私が滝を行く際に一番気にしているのは、その
滝に行くまでにどれだけ時間が掛かるのか!という点なので、
私のHPでは必ずその滝に行くまで何分掛かるのか!ということを
必ず記載しました。ちなみに何分以上(つまり一時間以上)掛かる
滝は基本的に論外ッス(笑)


○その5~できる限りすべての滝をアップする。
百選は基本的に1つの滝が選ばれていますが、中にはその
渓谷がまとめて百選として選ばれているケースもあります。
そこで明らかな主瀑がないものについてはその渓谷にある
すべての滝をアップすることにしました。

具体的には八ツ淵の滝(合計8本)、赤目四十八滝(合計22滝)、
龍頭八重滝(合計10本)、寂地峡五竜の滝(合計5本)は根性で
すべてアップをしました。

特に八ツ淵の滝の最後の七編返し淵はここだけ他の滝とは
少し距離が離れている&大した滝ではないという理由で訪ね
ない人も少なくないとかでデータがアップされていることが
少ないので稀少価値があるかも?

さらに赤目四十八滝の大日滝はこの滝だけ遊歩道から
外れていて足場の悪い登山道を約20分登る必要がある
からなのかやはり滝の主だったサイトでも紹介されている
ことがないので、とっても稀少価値があるかも知れないです。


もしよかったら見てやって下さい。

~日本の滝百選~
http://www5f.biglobe.ne.jp/~syake-assi/newpage412.html


3号佐竹

滝巡りをするベストシーズンは?(6号てるりん)

残暑お見舞い申し上げますconfident

最近滝に行く頻度は落ちてる私ですが、夏は滝が恋しくて仕方がありませんlovely

やはり涼を求めに行くというのでは、夏がベストシーズンかなぁ

でも、私のように行く機会を逃したってみなさん、大丈夫です。

秋の紅葉も滝が映える風景に出会えるのがとっても楽しみですmaple

そして、冬・・・。

普段見られない姿に出会えるので、個人的には好きですpenguin

滝巡りをするベストシーズンは?(5号プラリネ)

へい(o・ω・)ノ))note

それは梅雨明けした今がシーズン真っただ中でしょうsign03

そんなわけで、滝巡りが忙しく

ブログが遅れ気味なプラリネさんです・・・・・

(*_ _)人ゴメンナサイ

なんか滝巡りを始めてから

こんなに汗かけるのsign02ってくらい

吸汗Tシャツもびしょびしょになるくらい

汗かくのでびっくりです。

でもいい汗だよね~shine

すっきりsign03

滝下では水に濡れて

浄化されて

ほんと

心も体もすっきり\(^o^)/heart01

最高goodgoodgood

あとは、新緑の頃clover

・・・・・GWあたりがあたしは

テンションあがりますup

Cam2prm4

(青垂の滝(雄滝)@岐阜県)

☆プラリネ☆

一体誰がどうやって滝の全貌を調べてるの?(4号BAL)

・・・・・お馬鹿な人間が答えられる問題ではないっす(。>0<。)

えーっと、誰が? どうやって?

先人が? 登って?

・・・・・分からん!ヽ( )`ε´( )ノ

ごめんなさい、本当に答えられませんm(_ _)m

このような滝のウンチクは森本さんにお任せ。私も勉強させて頂くとしましょう。


えーっと、これで終わりだと申し訳ないので、私が使っているお勧めのアンドロイドアプリを紹介します。

①地図ロイド(地形図が見れる)
http://www.chizroid.info/chizroid

②山旅ロガー(記録とり。歩いた所を地図ロイドに表示できる)
http://www.chizroid.info/ytlog

③GPS Status & Toolbox(GPSの精度を向上させる)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.eclipsim.gpsstatus2&feature=related_apps#?t=W251bGwsMSwyLDEwOSwiY29tLmVjbGlwc2ltLmdwc3N0YXR1czIiXQ..

最近の滝巡りでは出発時にこの三つのアプリを起動させています。

最初に③を起動してGPSを精度を上げておいて、②を起動させて測定開始。

これでどこを歩いているか記録を取ってくれます。

そして、今どこにいるのかな?と不安になったときは①を起動させて「現在地の追尾」をすれば、すぐに場所を示してくれます。

本当はGarminのGPSレシーバーが欲しいけれど、ビンボーな私には手が出ませんので、このアプリは無料で使えて最高です。

ただし、頼りすぎて地図を持たないで山に入るのはやめましょうね。

この3つのアプリを利用して、最近アタックした八丈島の三原滝です。

Sdsc_0097

豪雨時しか現れない幻の滝です。そんな幻をちゃんと見れました。さすがの雨男ぶりには我ながら感心しました。

Chizroid_map_2

↑が、②の山旅ロガーで記録した軌跡。若干のズレはありますけれど、ほぼ正確。

記録があると滝巡りが一段と楽しくなりますし、迷う心配がないしで安心。マジでお勧めします!

誰がどうやって滝の全貌を調べてるの?(前振り)

○段の滝sign03って紹介されていても実際には、全景が
見えない
滝があります。百選の滝を例にしてみても。。。


Dscn8512
布引の滝(四段の滝だが、三段しか見えない)



Dscn8664
払沢の滝(四段の滝だが、四段目しか見えない)


Pic_0245
洒水の滝(三段構成になっている滝だが、一の滝しか見えない)




2007
七ツ釜滝(七段の滝だが、三段しか見えない)



では、一体誰がどうやって滝の全貌を調べてるのでしょうか?
よく考えたらとっても不思議ですよね?HPなどでもそれらの
見えていない部分が紹介されていることなんて検索に
引っ掛からないですし。。。



ということで明日からはその謎にお答えいたします。


3号佐竹

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック