フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

滝壺でハイテンションになってやってしまった奇行(1号森本)

 真夏の暑い時に滝仲間数人と奈良の迷滝へ行った時のこと。林道歩きのあまりの暑さにバテバテ。滝へ着いた時には涼しさのあまりテンションが変な方向へ上がってしまい、(ピー)(ピー)(ピーになるという奇行に及ぶ始末。未だに何かあるとその時のことをネタにされているのでありまするsweat01。あ、写真にはモザイク入れますが、一線は越えてませんので勘違いなきようcoldsweats02

 まあ、要するに夏の暑い日に行くと滝壺は涼しくて天国のよう。思わず自分を解放してしまうから注意しましょうね!という、そういうお話でしたcoldsweats01

Mayoi

日本の滝百選(仮称)を電子出版することになりました!

3号佐竹です。実はこの度、TVチャンピオン滝通選手権に
出場した仲間3人(私と森本さんとBALさん)で日本の
滝百選(仮称)
を電子出版することになりましたscissors

今、版元さんと「あーでもない、こーでもない」と日々打合せを
重ねておりますが、出版にこぎつけた暁には、今後、滝好きの
皆さんが滝巡りをする際には絶対に!なくてはならない
『最高のバイブル』としていただけるような濃~い内容に
したいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いします。

つきましては電子出版に関する記事立てをさせていただき、
適宜進捗状況等を報告させていただきますので、応援宜しく
お願いします!

『4月20日までにやったこと』
①掲載する写真のピックアップ。
 (3人で持ち寄った写真の中から厳選して選抜)
②誰がどの滝を紹介するかの割り振り。
 (喧嘩になるかと思いきや、みんな大人の対応で微調整で済んだ)

 

 

『4月23日&4月24日にやったこと』
森本さんとBALさんと佐竹の3人でチャットで感激度についての打ち合わせ

 

 

『4月25日にやったこと』
森本さんとBALさんと佐竹の3人でチャットで密着度についての打ち合わせ

 

 

『5月16日にやったこと』
森本さんとBALさんと佐竹の3人でチャットで滝の形態についての打ち合わせ

 

 

『その他』

 

滝のデーターとして掲載するのは
○滝の形態
○落差
○アクセス
○密着度
○感激度

 

にしようと思っていますが、滝までのアクセスについては
どのように紹介するのか、検討中です。密着度はどこまで
行けるかです。遠望or滝壺or滝直下。但し、もりもとさん、
BALさんの2人の変人(達人)を基準にするとすべての
滝が全部「滝壺まで行ける」になってしまうので、そこは
「ごく常識的」に一般的な観瀑ポイントのことを紹介する
つもりです。

 

 

『滝の密着度』について

 

滝壺→その名の通り、滝壺まで行ける。

 

遠望→遠く(展望台など)から滝の姿を眺める。(滝壺までは行けない)

 

滝直下→滝直下は飛沫に触れるというレベルではなく、落ちて
      くる滝そのものに触れられるというようなイメージ。
      一例を挙げると「天滝」

 

 

電子出版ではURLを貼り付けられるので、それぞれの
滝の所在地データーから滝の地図のリンクを貼りたいと
思っています。(っていうかそれが電子書籍の最大の
売りでポイント!)


3号佐竹

滝壺でハイテンションになってやってしまった奇行(6号てるりん)

私、いたって冷静なので?奇行をした記憶がありません(笑)。

滝にあまり興味のない人から見ると、滝好きなんだな~なのですが、

滝好きな人たちからの感覚ではきっと冷めてる部類かもしれませんので(苦笑)。

誰か、私を知ってる人で、これが奇行だ~とおぼしきことがありましたら、

教えてくださいね(^^;

滝壺でハイテンションになってやってしまった奇行(4号BAL)

滝に行くときはハイテンション、気分アゲアゲですヽ(´▽`)/

その中でも奇行だったのは

昨年のGWで行った小木森滝の滝つぼ。

前日、会えなくて悔しくて悔しくて・・ようやく会えた小木森滝。

事前にザックに忍ばせていた水中眼鏡と浮き輪を装着し・・ダイブ!!

楽しかったわー!

でもGWといえど水からあがった後は寒くてガクブルでした。(((゚Д゚)))ガタガタ

あとは奇声はあげます。素晴らしい滝であればあるほどボリュームはアップしてますね。つまりそれは感動を表現しているだけなので自分では普通だと思っていますけど。

滝つぼではないけど滝が終わった後の運転中は睡魔と闘っています。

たまに意味不明な発語をして、キョトンとされるときがありますよ(^-^;

滝壺でハイテンションになってやってしまった奇行(5号プラリネ)

およよ・・・・・・゚゚(´O`)°゚

ブログを書こうと思った日に体調崩して

ダウンしてしまいましたdown

今年は病弱?なプラリネさんです・・・weep

歳なんですよsweat02

ほら、テレビで女性はなんとかの倍数に

不調が起こるとか言ってるじゃない。

その数字なのかも~sad

でも復活は早いですsign03

というか病み上がりにもまだ満たない状態で

それでも滝は行っちゃうとこが奇行でしょうね(^-^;

滝つぼでの奇行って、自分じゃわかんないですね∑(=゚ω゚=;)sweat01

あたしはふだんからいろいろ奇行ばかりしてるので(笑)

Photo

☆プラリネ☆

滝壺でハイテンションになってやってしまった奇行(3号佐竹)

O08000600119827726171
(某滝への道のり)

日○三○名○の一つ、日○の華○の滝の滝壺に
森本さんとプラリネさんと一緒に行った時のこと。

滝壺に到達して感極まったsign03私は何を思ったかsign02
森本さんsad抱きついてdown押し倒してdownwardrightしまいました。

反対側にはshineプラリネheart04さんがいたのに。。。

一体なぜ、よりによって森本さんに抱きついてしまったのか。。。

悔やんでも悔やみきれませんcrying

3号佐竹

滝壺でハイテンションになってやってしまった奇行(前振り)

Img_4436
(山梨県・北精進ヶ滝)

滝壺に行くと「変なテンション」になることが
あると度々書いていますが、では実際
どんな奇行をしたことがあるのか明日から
記事にします。

3号佐竹

一体どのくらいのペースで滝巡りをしているの?(6号てるりん)

最近、滝に行く機会がかなり減ってますweep

登山や何かのついでに立ち寄るという感じが多くて。

ペース、以前は少なくても月1回だったのが、最近は2ヶ月に一回が精一杯かしら?

梅雨が明け、夏本番ですね。

暑い時期には滝が恋しくなります。

逢いに行きたいなぁ。。。heart04

一体どのくらいのペースで滝巡りをしているの?(5号プラリネ)

梅雨が明けましたーーーーーー\(^o^)/

どうもnotes夏が苦手なアウトドアが苦手な

運動が苦手なプラリネですsign03

でも、滝シーズン到来heart02

キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

本来なら週1ペースで滝に行きますが

今年は通院があったり体調悪かったりと

まだ本格的に始動できてまてん(ノд・。)

2週間連続で、今年行きたいトップ3に入ってた滝に

降られてrain振られてheart03

行けずにかなり凹んでました。゜゜(´□`。)°゜。

でも通院も卒業できそうだし、これからは

計画通り行けそうです。

雨にさえやられなければ((・(ェ)・;))sweat01

一昨日、原点の滝にも挨拶して

Photo

今年も無事に行ってこられるよう

お祈りしてきました(*v.v)。

さて早速今週から動き出しますよお~punch

みなさんもケガなどなく、良い滝巡りを(*^ー゚)bheart01

Photo_2

☆プラリネ☆!

ところで行った滝の情報はすべてアップしてるの(1号森本)

 基本的には全てアップしています。ただサイトの構成上、ごくごく一部を除いてあまり詳しい情報ではありませんがcoldsweats01。サイトにアップするというのは、自分用の備忘録としての意味もあるので、そういう事になっております。

 ただし、中にはアップしていない滝もあります。それは名前がない滝だったり、滝としての体をなしていない滝(水がない、様々な理由で消滅したなど)ですね。…あ、大昔に行って、写真が行方不明の滝もいくつかあったなsad

ところで行った滝の情報はすべてアップしてるの(4号BAL)

う~ん、個人的には全てをアップしたいのですが、やはり出来ないのもあります。

つまりは・・・・・・・正しい事をしている訳ではない・・・・・・・・・滝巡りの時ですかね。

つまりは・・・・・・・「立入禁止」をムニャムニャの時ですかね。

やはりそれを堂々とレポートする訳にはいかないかなと思っていますので、HPにはアップできないモノもあります。

あとは名の無い滝の取り扱いですが、原則、私は名前のある滝だけを求めています。

滝好きとしては名の有無は関係なく、感動できるかどうかだとは思いますが、HPに掲載する以上、名前がないのはどうもしっくり来ないので、栃木県の三沢大滝とか一例を除くとほとんど掲載していません。

無名でも滝は滝、素晴らしい名無しの権兵衛滝もあるのに、アップしてません。

個人的には全ての滝情報をアップしたいですけどね。まぁ、自分のHPですから自分の作りたいように作っています。

HPを作るのは疲れますけれど、これからも頑張りますので、是非ご覧になって下さいませm(_ _)m

Sdsc_0080_2

岐阜県の「袴滝」

岩盤がマジ格好いいですね!

ところで行った滝の情報はすべてアップしてるの(前振り)

507
(栃木県・布引の滝)


以前、森本さんとBALさんにHPの
更新頻度やどうやって更新作業をするための
時間を捻出しているのかを聞きましたが、
実はもう一つ聞きたいことが(笑)

それは。。。これまでに訪ねた滝はすべて
HPにアップしているの???
っていう疑問です。

それでは明日から宜しくお願いします(笑)

3号佐竹

TV出演のウラ話(1号森本)

 土曜日のTVをご覧下さった皆様、どうもありがとうございました。また、ネットされていないなど、見られなかった方も多かったかと思いますが、日を改めて放送される可能性もありますので、今後の番組表をチェックしていただければ幸いです。

 さて、ウラ話ですか。これはたくさんあるのですが、ここに書けないことも多いのが残念な所ですwobbly。というわけで、バラしても良い範囲で書いてみたいと思います。

 まずカットされた「唐滝」。ちょうどこの滝の前で路線バスが10分間休憩することもあり、放送する予定だったのですが、カットされてしまいました。水量が多くてこの滝としては最高の姿だっただけに残念ですね。

Photo_4

 次に蛇王の滝。台風で形が変わってしまったわけですが、自治体によって修復予定と放送されていましたね。私の元にはそういう情報はないので詳細は不明ですが、テレビ局の方で問い合わせたのかもしれません。滝前の蛇王ラーメンのおやじが、「オレが近いうちに直す!」って言っていたのは聞きましたがcoldsweats01。でも、もう一度大雨が降れば元に戻るような気もするし、自然に壊れた物は、自然のままがいいような気もしますけどね。
 ちなみに蛇王ラーメンは、普通においしかったですよ。時間がなかったけど残すのももったいなかったので、私はほぼ完食させていただきましたnoodle

 布引滝はバス停から歩いたことになっていますが、これは公共交通機関で行くっていうテーマがあったから。実際には国交省の許可をもらって遊歩道入口まで林道を車で入りました。

 遊歩道から先は完全にガチです。途中で色々撮影しましたが、かなりカットになりました。沢靴の説明も入れるはずが、これもカット。まあ、なくても行ける場所なので良いですけど。あと「危険だから気を引き締めて行ってください!」と言ったシーンもカット。これは入れて欲しかったですね。

5

 前衛滝巻きのフィックスロープが無くなったあとも15mほど傾斜がきつく、あの二人と一部のスタッフさんには難しかったので、持参のザイルを使用。テレビでもシュリンゲにカラビナで固定した新しいザイルが写っていたと思いますが、あれは私がセッティングしたものです。
 ちなみにスタッフさんはデッカイ三脚担いで片手で登ったり、カメラさんと音声さんは電気コードでアンザイレンしてたりで、なかなか大変だったと思いますsweat01

6

 布引滝は台風の後で水量が多くて滝前には飛沫が当たらない場所が無く、元モー娘。の二人は寒さに耐えられなかったため、撮影スタッフを残して10分で撤収。私も帰り道をリードする必要上、一緒に戻ることに。おかげで写真はコンデジで二枚写しただけでした。最高の水量だったので、後ろ髪引かれる思いでしたsad。まあ、ガイドとしての責任があるのでここは我慢ですbearing

7

 帰り道は撮影もなかったので、かなりのハイペースで戻れました。元モー娘。の二人も疲れてはいたでしょうが、さくさく歩いて戻りましたよ。

 全員下山した後は、野門集落にある「家康の湯」と隣の民宿の部屋を借りて2時間ほど休憩し、解散となりました。

 さて、三回目があるかどうかは…今回の視聴率次第になりそうですねcatface

8

 それにしても、「このルートは一般的ではないので、気軽には行かないでください」っていう説明を大きく入れると聞いていたのですが、入らなかったですね…。この滝へはホント、装備と経験がないと危険なので、気楽な気持ちでは行かないようにお願いいたします。

森本がテレビ東京系土曜スペシャル「極旅」に出演します

 私、森本が7月7日(土)19:00より、テレビ東京系tvで放送される土曜スペシャル「極旅」に昨年に引き続き出演します。
 今回訪れるのは日光市栗山地区にある、蛇王の滝、唐滝、布引滝。特にメインの布引滝は非常に厳しいロケとなりましたが、その分リアルな、そして大迫力の映像をお楽しみ頂けると思いますので、ぜひぜひ見ていただけると嬉しいですhappy01


danger【注意!】
番組で紹介した「布引滝」へのルートは、かなり危険を伴います。沢登りの経験と装備が不可欠ですので、決して安易な気持ちでは行かないように、お願いいたします。


Dsc03798

夕日(夕焼け)と滝について(1号森本)

 う〜ん、滝の前でテント張って寝たことは何度かありますが、なにせ深い深い谷間なので、太陽は山陰へ早々に隠れてしまい、そのまま薄暗くなって日没!なんですよね。

 普通の山登りの場合は稜線近くににテントを張るから、晴れていれば必ず綺麗な夕日が見られるのとは対照的です。

 ちなみに山奥の滝の前で、テントもツエルトも持たずに日が沈んだら、それは遭難なので覚悟してくださいよ…shock

 夕焼けとか夕日を見るためには、西側が大きく開けた滝に行かなくてはならないですが、山中では先の理由で難しいでしょう。狙うなら人里の滝かな?。海岸線の滝も狙い目?。誰か綺麗な写真が撮れたら見せてくださいhappy01

夕日(夕焼け)と滝について(6号てるりん)

基本的に夕暮れ前には退散するので、夕日と遭遇することってありませんね。

ただ、夕暮れ時がベストというか夕方に虹が見られる可能性が高いのは、

称名滝(&ハンノキ滝)ですね。

虹が目的か当日の見納めに行く滝だとたまたまですが、夕日が見られるかもしれませんね。

ただ夕日と滝を一緒に撮った記憶がありません。

夕日(夕焼け)と滝について(4号BAL)

これまた難しいお題ですね。

私の場合、滝に行く日は曇りか雨・・

なので前日に綺麗な夕日が出たときは明日の天気に期待が高まります。

夕日と滝で有名なのは、山形の火焔の滝と、群馬の棚下不動の滝。

夕焼けに照らされて滝が赤く染まると言われています。

あと神奈川県の「夕日の滝」 (景色の夕焼けは関係ない)

ここは、以前に仲間たちと忘年会をやった場所です。

当日は雪がちらついて極寒でした。

みんなで食べた鍋はおいしかったなー。

そんなわけであまり夕日に思い出がありません。

日没ギリギリまで滝を求めて車を走らせていますから。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック