フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

夕日(夕焼け)と滝について(5号プラリネ)

(○`・ェ・)ノ【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】

毎日、妙義山に沈む夕日を見ているプラリネです。

夕日と滝・・・・・・・・。

なかなか結びつかないですね~ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

なぜなら、滝に行く時にはだいたい早朝に出て

太陽が沈む前に帰ってきますからね。

太陽に照らされてキラキラ輝く滝は見るけど

夕日っていうのはないですねcoldsweats01

Capbhruj (大滝@福井県)

でも、以前テレビでちらっと

夕日に照らされて、赤くなる海外の秘瀑を

見たことあります。

途中から、ちらっと見ただけなので

記憶が定かではないんですがsweat01

その滝に行くにもとても困難で

さらに赤く燃える滝に出会えるのも

かなりの条件が整わないと・・・・

みたいな感じだったと思います。

どこの国かも、滝の名前も覚えてないんですが(ノд・。)sweat02

どなたか見た方いますかね~?

BALさんの記事にも出てる、神奈川県の夕日の滝

あたしも行ったことあるのですが

あたしが行った時は、ちょうど滝の上に

夕日でもなく、朝日でもないけど(笑)

太陽さんがのっかってました( ̄▽ ̄)

Canvt377

夕日といえばやはり海のような・・・・・

と、海なし県のあたしは

滝巡りの帰り道に日本海に沈む夕日に

感動しました。\(^o^)/

Cazssdyd

日本海に沈む夕日×ソフトクリームheart01

素敵なコラボです( ´艸`)プププ

☆プラリネ☆

夕日(夕焼け)と滝について(3号佐竹)

686
(栃木県・三沢大滝


太陽sun
は東から昇ってup、西に落ちるdownだろ。。。

ってことは滝のバックに夕日sunがくるようにするためには。。。

東向きの滝の正面に立てばいいってことなのかなsign02sign02sign02

ブツブツブツ。。。sleepy

う~ん、取り込み中なので話し掛けないで下さい。

・・・・・・・・・・・・

って、よくわからん!angry

さて、気を取り直して本日のお題ですが、私は夕日
(または夕焼け)とセットsun
で滝を観たことがおそらく
ありません。(あったら覚えてるもんねぇ~)

滝に行って日が沈みdown真っ暗shockになってしまったことは
何度もあるのですが、夕日、夕焼けは多分観たことが
ありません。

ってことで次の方にスルーします。でも何でだろ?

3号佐竹

夕日(夕焼け)と滝について(前振り)

051
(桃井直常の墓)


先日、足利(室町幕府の将軍家)一族で南北朝時代に
越中を拠点に活躍をした桃井直常の墓を訪ねた時のこと
ですが、ちょうど
夕日が沈む時sunと重なったこともあって、
とてもshine幻想的で神秘的な光景shineを見ることができました。

そしてそうした光景を見ながら、ふと、滝巡りをしてたって、
こうした夕日、夕焼けに遭遇することだってあるばす
だよな…って思いました。

ということで明日から滝と夕日についてお話しさせて
いただきます。

3号佐竹

質量ともに滝がスゴい都道府県ベスト5(1号森本)

 難しいですね〜、色んな意味で。これ、反対にワースト5を選ぶ方が簡t…ゲフンゲフンsweat01。…では選んでみますか。まあだいたいみなさん想像通りの結果になると思いますが。

 

⑤長野県

Photo_3 Photo_4
北の俣大滝      百間滝

 面積も広くて山も3000m級が連なる。そりゃあ名瀑が多くて当然ですよね。まだまだ隠れた巨瀑も秘めてる事でしょうhappy01

 

④岐阜県

Photo Photo_2
平湯大滝       嶽谷滝

 長野県のお隣、こちらも名瀑揃いです。大きな滝は乗鞍や白山の周辺に特に集中していますが、南部にも小さいながらも良い滝が結構ありますwink

 

③三重県

Photo_5 Photo_6
布引三段滝     小木森滝

 紀伊半島は滝の宝庫ですが、その東側三分の一を占める三重県も当然名瀑揃いです。ただし地形が険しく、簡単には近づけない滝が多いですcoldsweats02

 

②秋田県

Photo_7 Photo_8
安の滝        九階滝

 秋田県と言えば安の滝。その他にも森吉山を取り巻くように大きな滝が無数に落ちていて、日本有数の滝の宝庫ですsmile

 

①奈良県

Photo_9 Photo_10
迷滝         岩屋谷滝

 私がトップに選んだのは、紀伊半島のど真ん中を占める奈良県。ほぼ当然の結果ではないかという感じですねcoldsweats01。川を遡れば必ず大きな滝がある。それが奈良県ですlovely

質量ともに滝がスゴい都道府県ベスト5(4号BAL)

悩みますねぇ。

悩みすぎて、記事を落としてしまいました。

すいません。ただ気付かなかっただけです。

電子出版と自分のHPで一杯一杯で、ブログが頭から飛んでしまいました。ごめんなさい。

前振りにあるとおり、秋田と奈良は鉄板ですね。

これは間違いないかと思います。

問題はそれ以降ですよね。          

            東日本       西日本
横綱        秋田           奈良
大関        長野           岐阜
関脇        山梨           宮崎

これでいかがでしょう?

量で言えば群馬や静岡、質で言えば三重や新潟が候補になりましたが、もう一声欲しかった感じです。

大関についてですが、とにかく滝数が多い。そして特徴的な滝の形をしているのも多い。 更に、アルプス山脈を持っているので、水量が安定して豊富なのも嬉しい所です。

続いて関脇。 山梨は大関同様に南アルプスを所有しているので、巨瀑もあるし水量も十分。
おやって思うのは宮崎でしょうが、ここは結構な滝王国。
なにせ年間降水量は日本1位。恵まれた水量は魅力の一つですよ。
ちなみに私が移住したい県でもあります。

いやいや、我がとこの方が滝が豊富じゃわいと文句言われるかも知れませんが、あくまでも個人の主観ですから、どうぞ勘弁して下さい。

Sdsc_0173


先日、訪問した大分県「震動の滝(雌滝)」
正直、雄滝よりもカッコよかったです。

質量ともに滝がスゴい都道府県ベスト5(前振り)

双門の滝でご一緒した滝仲間のタキタキさん

2689Img_2407


どの都道府県の滝がスゴいupかという話に花が咲きました。

奈良秋田鉄板だとして。。。

続くのは三重岐阜山梨かなぁ~。

いやいや、宮崎も捨てがたいっていうか当然入るんじゃ

ないですか?兵庫の北部はかなりよくないですか?

そういえば日光がある栃木県忘れてない?

それならば群馬だって。。。

といつまでも話は尽きることがありませんでした。

では実際にどの都道府県がスゴい!のか

明日からBALさんと森本さんに

『その理由と共に』
聞いてみることにします。


ベスト5じゃ収まらなかったらベスト7でも

ベスト10でもいいですよsmile無茶フリdelicious

3号佐竹

花と滝について(1号森本)

 植物好きの私にとって、滝と草花tulipは切っても切れない関係にあります。

 滝壺付近というのは、一年中飛沫が当たって冷涼な環境のため、特殊な植物が生育している場合が結構あります。そして人も滅多に近づけない滝となれば、ものすごい貴重種が自生していることも多いのです。

 実際、これまでにも滝壺で珍しい草花を数多く見てきました。場合によっては、滝を見に行っているのに見つけた野草の方が珍しいものだったため、滝をそっちのけで花の写真を撮っていたこともありました。

 そういうわけで、私にとっての二つの趣味「滝と草花」。このどちらもが楽しめる滝巡りは、本当にやめられない、楽しい楽しい事なのですhappy01

 以下に写真を少々。まずは普通種。

Photo
日光市野門の布引滝とキオン

Photo_2
日光市・庵滝とキバナノコマノツメ

 次は希少種。どこの滝に生えていたかは、トップシークレットですcatface

Photo_3
ウチョウラン

Photo
コアニチドリ

Photo_3
ムシトリスミレ

Photo_4
コウシンソウ

 本当に滝のまわりは野草の楽園。ぜひ、滝と共に生きる花たちにも目を向けてあげてくださいhappy01

花と滝について(6号てるりん)

ここのメンバーの中では一番、花通だと思っている、てるりんですhappy01

どこへ行っても花を見つけては写真撮ったりしてます。

もちろん滝へ行った時もです。

しかし・・・滝と花を一緒に撮れる状況って結構難しいですcoldsweats01

滝の近くに花がないというのもあったり、花が小さすぎたり、アングル的に足が踏み入れられなかったり・・・。

シーズンも難しいです。

紅葉よりも読みがね。

私の記憶ある分ですが、いくつか載せておきます。

Img_0818 岐阜:上石津町の滝(名前ド忘れ)

Img_2466 長野: 南木曽の男滝?女滝?

Img_2879 奈良:迷滝(ヤマシャクヤクだけど、まだ咲いていなかった)

Img_3085 山梨:北精進ヶ滝

Img_5341 三重:庵座の滝(ツツジは一輪だけ)

Img_9889 Img_9893  

↑庵座の滝の上流の滝(ド忘れです)

ヤマツツジ、ショウジョウバカマ

Photo 香川:塩江不動滝

少しムリがありますが、桜と滝です。

こんなところでしょうか?

花と滝を一緒に撮れたとしても、滝の全景とマッチしたアングルは相当難しい気がします

あとは花のシーズンをマッチした時期に行くのもなかなかです。

そう、百選で思いつくもので、和歌山の桑の木の滝

花(ツツジかな)と一緒に撮られてるの写真をたまに見ますが、

災害以降どうなったのか、気になります。

花と滝について(4号BAL)

以前「もしも」シリーズで、こんな答えをしているのを思い出しました。

滝にOOがセットなら、

迷わず答えられますよ。

滝に「滝」がセットならですね。

はい、という訳で滝にしか興味ないんです!

TBSのSASUKEって番組で「俺にはSASUKEしか無いんですよ」っていう名言がありましたね。

滝しかないんすよ。

例えば山中、歩いていれば花に会います。

「花だ、綺麗だね、で、滝はどこだい?」

って感じで写真は撮りません。

とりあえず写真をあさってみましたが、出てきたのはコレ。

850_21新潟県「糸滝」


山桜ですね。

あと、私も佐竹さん同様に桜は好きです。でも人混みが嫌いなので中々行けません。

桜が好き<人混み嫌い

でも

滝が好き>人混み嫌い

です。滝の為なら頑張ります。

いやぁ本当に勘弁して下さい。てるにゃんこさんと森本さんにご期待下さい!

Sdsc_0130岐阜県「龍門の滝」

花とは全く関係ないけれど、先日訪問した奇瀑です。

花と滝について(5号プラリネ)

~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

滝に、花とは・・・・・・・

全然思いつかないプラリネさんですsweat02、すみません。

いちおう女の子なので、花柄のワンピースとか・・・

服は好きだけど、特にお花が好きってわけではないです(゚ー゚;

なので、全然お花に詳しくないので

滝とはずれてしまいますがごめんなさいwobbly人( ̄ω ̄;) スマヌ

特に好きってわけではないけど、お花畑は好きですo(*^▽^*)o

お花い~っぱいのとこには行きたくなりますhappy01

夏はひまわりup

Cal6kfo2

群馬県中之条町にある、ひまわり畑shine

あと、山梨県の明野村だっけ????

そこのひまわり畑にも行ったことあります。

そして、群馬は3大梅林がありますsign03

そのうちのひとつは、本当に地元中に地元であります。

Cax3vd1j

ミス●●梅林heart04(自称)

あと、やっぱり桜~\(^o^)/

Sh3f0016

群馬には、桜百選もありますよgood

赤城の千本桜cherryblossomcherryblossomcherryblossom

Ca9u28kn Ca2agudv

ここを大好きな人と歩くのが夢だったんですが

それは叶ったのでshine、またおばあちゃんになったら

一緒に歩きたいですheart02(。・w・。 )

お花って、特に好きってわけじゃなくても

なんだかちょっと特別な気がしてup

お花に囲まれたり、お花をもらったりすると

やっぱり嬉しいもんです(*´ェ`*)

Ca9tevul

お花屋さんの友達が誕生日にくれた花束heart01

Cah4cw3f

何年か前のクリスマスにサプライズで

好きな人がくれた花束heart01

花束の少しをドライフラワーにして

今も飾ってあります(*´v゚*)ゞ

Cabq5dvj

はいっ、滝とはだいぶ離れてしまったけどsweat01

やっぱり滝には緑が一番似合うと思いますsign03( ̄ー+ ̄)

clovercloverclover

Photo

☆プラリネ☆

花と滝について(3号佐竹)

花と滝ですか???

正直に言って一度も考えたことがありません。
だいたい私は滝と虹や紅葉のセットでさえ、
興味がないcryingのですから。。。

う~ん、なので・・・滝と花と言われても何も
思い浮かばないですし、記事も書きようがないです(涙)

たまに気まぐれで花の写真を撮る時もありますが・・・

ってことで、何もないのでは申し訳ないので、
花の写真を何枚か貼ります。

Kif_1420_2Kif_8776_2

あっ、でも桜は好きです。日本五大桜を全部見ました。
Dscn4176
(三春の滝桜)

Dscn1095
(根尾谷の薄墨桜)

Dscn3402
(山高神代桜)

P1000037
(石戸蒲桜)

1234
(狩宿の下馬桜)


もはや何のブログだかわからなくなっちゃいましたね。。。
久しぶりに大脱線shockしてしまいました。あとは他の
皆さんにお任せします。



3号佐竹

花と滝について(前振り)

196
(某滝、滝直下)

先日の記事で6号てるりんさんが自分の世界は

tulip
mist


だとおっしゃられていました。そこで明日から、
花と滝をテーマに記事を書きたいと思います。

3号佐竹

大杉谷、七ツ釜滝情報(4号BAL)

まずは訂正いたします。

私が大杉谷を訪れたのは、4月29日~30日です。

ま、開通を待ちきれなかったのは確かなので、どっちでもいいですけど♪

今回、せっかくの7年ぶりの開通なので、桃ノ木小屋に泊まりました。

29日はGW中だったので激混みを予想したのですが、10名程度のお客さんでした。

きれいな小屋で板も張りかえられていてかなり快適でしたよ。

お風呂はヒノキ風呂?でさっぱり!

さらに売店でチップスターとビールも売っていたので、仲間と川原で乾杯しました。

疲れた身体に染みて、最高においしかったです!

駐車場ですが、入り口に3台くらい停められるスペースがありますが、朝5時過ぎに着いたときにはすでに埋まっていました。

少し手前のところに5台くらい停められるところがあるのでそちらを使うといいでしょう。

道中はしゃけさんが書いていただいているので省きますが、帰り道にマムシくんに遭遇しました。そーっと通ってください。でもヒルくんにはお目にかかりませんでした。ペットボトルホルダーに虫除けスプレーをいれて準備ばっちりでしたが(笑)

もともとヒル地帯ですので、暖かい時期に行かれる方は対策をされることをおすすめします。

渓谷は美しく、滝は壮大でした!!

プチ情報ですが、携帯電波は手前のパス停留所から先は圏外です。

大杉谷、七ツ釜滝情報(3号佐竹)

いやぁ~ついに待ちに待った七ツ釜滝への
道が復旧しましたねup

何でも待ち切れずに4月28日の開通と同時に
行った某BALさんのような人もいたみたいですね。
(どんだけなんだよ!)

さて、私は5月4日に日帰りで七ツ釜へと
行って帰ってきました。実は私が訪ねた5月4日は
それまでの3日間でrain450ミリの雨rainが大杉谷に降った後
(実は当日も天気予報がハズレ、雨が降ったり止んだり…、
かと思うと天気が良くなったりの繰り返しでした)で、
宮川(七ツ釜滝の下流の川)は大増水typhoonをしていました。

道中は死亡事故が多発しているという警告の
看板が何度も何度も何度も出てくるコースで、

事実、登山道を歩き始めるとすぐに鎖場が登場するなど、
いきなりビビらされますが、そうはいっても千尋滝までは
比較的楽なコースscissorsです。但し、千尋滝を過ぎると
一気に難易度が増しupwardrightアップダウンdownwardrightが厳しくなります。

しかしながら、2004年の水害で大打撃を受け、通行止めと
なっていた登山道が7年間の封印から満を持して開通しただけ
あって、道中はきちんと整備が行き届いていて、少しでも
危ないと思われる箇所には何らかの対策が施されているなど、
誤解を恐れずにいえば、集中力を切らすことなく、気を
抜かずに進みさえすればまず問題のない登山道
で、
shine日本三大渓谷shineである大杉谷を横目にしながら進む
飽きることのないとても楽しいコースだと思います。

(但し、確かに落ちたらまず助からないよなぁ~という
高度感がある道がずっと続き、平らで開けたところは
皆無に等しく、吊り橋も10本くらいあるので高いとこが
苦手な人にはかなりツラいかも知れません…)

また、先ほども述べたように大杉谷はrain日本でも有数の
多雨地帯rain
であり、すぐにまとまった雨が降り、それに伴って
川の水も増水して、登山道は危険が増しますので、
大杉谷にお出掛けされる際には天気予報をよくチェックの上、
訪ねて下さい。

ちなみに私のコースタイムは

『行き』
第三発電所登山口4時38分発→千尋滝6時58分着
→シシ淵8時29分着→ニコニコ滝8時56分着→
平等嵓9時28分着→桃の木山小屋10時32分着→
七ツ釜滝11時00分着

『帰り』
七ツ釜滝12時00発→桃の木山小屋12時37分着
→平等嵓13時31分着→ニコニコ滝13時51分着→
シシ淵14時27分着→千尋滝16時00分着
→第三発電所登山口18時58分着

でしたshockかなりの長丁場なので、可能ならば
桃の木山小屋に一泊することをお勧めします。


最後に大杉谷の道中の写真を
チャカチャカ貼り付けますね!


273
(千尋滝・落差140m~180mまで諸説が
 あります。軽く百選を超越しています!)

1518
(シシ淵・奥にニコニコ滝が見えます)

1545
(二本の滝・間近で見れます)

2094
(ニコニコ滝・この滝も百選クラス)

1655_2
(平等嵓・絶景です)

1751
(無名滝?そんなバカな。。。)

2048
(桃の木山小屋)

1781
(岩盤を削ったように道が作られている)

1929
(七ツ釜滝)


3号佐竹

ブログ開設35ヶ月(1号森本)

 35ヶ月!…って、どのくらいなのか一瞬分かりませんでしたが、35÷12=2.91666666666666…おお、もう少しで3年になるんですね、早いものですねえ〜。

 さて、色々と思い出話を語り出すと長くなりますので、滝の数字の語呂合わせで簡単にしめたいと思いますhappy01

Photo   Photo_2 

    三条の滝(福島・新潟県)           五色の滝(山梨県)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

日本の滝百選マップ(地図)

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック