フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 裏見の滝について(5号プラリネ) | トップページ | 裏見の滝について(6号てるりん) »

裏見の滝について(4号BAL)

S20946841_603717338 群馬県「裏越しのセン」

初めて見た裏見が出来る滝は、熊本県「鍋ヶ滝」です。

まだ滝を覚えたて(?)の初心者だったので、これが当たり前な滝の形状なのだと思っていました。

ほら、冒険物のお話だと滝の裏にトンネルとか洞窟とかあるじゃないですか。

よくある滝の形であり、どこにでもある滝だと思っていたのですが、裏見の滝の中で「鍋ヶ滝」は一級品だったと気付くのはかなり後の話です。

その冒険を思い起こして、そんな感覚でワクワクしていたと記憶しています。

滝の裏にはアドベンチャーが待ってます。少年心(おっさんだけど)を沸きたてられる素敵な空間なのです。

そしてもう一つ、エロスでもあると思います。

普段、見れない姿を見ている。ある意味、スカートに中に入っている感覚を持ち、それはそれは興奮します。

男性ならば分かるでしょう? この興奮度合。夢中でシャッターを切ってしまいますよ。

ただし、自分が裏見に関して一歩引いてる理由があります。単純に怖いって事です。

えぐられた岩盤の中にいるものですから、いつ崩れるのか不安で、怖くなってすぐに離れてしまいます。陽が差さず暗い空間であり、そこに水の重点音がこだまして、それが恐怖を煽っている様に感じます。まぁチキンなだけですけれど。

ただ私は飛沫マニアなので、飛沫は正面が一番飛んできますし、正面こそ滝の姿がよく見えるので積極的に裏見探索はしなくても十分満足できます。ですので大抵は正面で満足して裏見など考えずに去っているのが多いです。

裏見に関しては佐竹さんの方が熱意を持っていると思っています。

裏見の写真を見ているとカッコよくて興奮しますね。これからはもうちょっと勇気をだして裏見探索がんばります。

Sdscf5999 Sdscf6026_2 長野県、百選「米子大瀑布」の「権現滝」

Sba_2 Simg_4989 福島県、「達沢不動滝」


« 裏見の滝について(5号プラリネ) | トップページ | 裏見の滝について(6号てるりん) »

4号BALの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233342/44040999

この記事へのトラックバック一覧です: 裏見の滝について(4号BAL):

« 裏見の滝について(5号プラリネ) | トップページ | 裏見の滝について(6号てるりん) »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック