フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

ブログのアクセス数が10万アクセスを超えました!

思い返せばTVチャンピオンの滝通選手権が
放映tvされたのが2007年の8月

あれから、もう5年の月日が流れるんですね。

そして2年後に滝のトークイベントで森本さんや
BALさん達と再会を果たしてからこのブログを開設して…。

思えば長い月日が流れたdashものです。

ぶっちゃけTVチャンピオン滝通選手権の時には
森本さんやBALさんの話しにはまるで付いて
いけませんでした。正直、穴があるなら入りたい
というほど恥ずかしかったです…。

そして2年後にトークイベントで再会した時もやっぱり
付いていけませんでした。BALさんからは『ホント
佐竹さんは喋りませんよね』とか『ごめんなさい、
佐竹さんの分からない話をして』とか言われたものでした。

そして現在…。百選の滝の話しならようやく?
対等に話せるようになりましたが、彼らはまだ
shine遥か遠い彼方shineにいます。

何か話しが大きく脱線してしまいましたが、
振り返えると長い長い月日が流れたものです。

そしてこのブログをご覧下さっている
皆さん本当にありがとうございます。

何となく始めたこのブログですが、気が付けば
もう3年近くも続いています。

当初から明確な目的も構想もなく始まったのが、
ご長寿ブログになった要因でしょうか?

未だにこのブログを通じて○○を訴えようとか、
今後はこういう風に展開していこうとかいう
コンセプトがありません。

それどころか続ければ続けるほど、その辺が
きわめてsad曖昧模糊wobblyとしたものになっていきます。

なぜこんな状態でブログが続けていけるのか
とっても不思議な感じですが、それはきっと一緒に
やってくれる仲間とこのブログを読んでくれて
いる皆さんのお陰
ではないかと思っています。

やっぱりアクセスがないとやる気も
なくなっちゃいますからね。

ということで、何の脈絡もない記事になって
しまいましたが、10万アクセス本当に
ありがとうございます。


未だ明確なコンセプトがないブログですが、
これからもどうぞ宜しくお願いします。

3号佐竹

七ツ釜滝への道がついに復旧!

吉報scissorsです。

ついに七ツ釜滝への道が約7年振り
shine復旧・開通shineするようです。


このまま特に問題がなければ
4月28日rockに復旧とのことです。


↓詳細はこちら↓
http://oosugidani.exblog.jp/17450121/


今日、大台町の観光協会にも確認しました。


熱いぜimpact大杉谷good(中畑清風)


3号佐竹

裏見の滝について(1号森本)

 裏見の滝と言って一番最初に思い浮かべるのは、名前もそのままの日光の「裏見の滝」ですね。そのわけは、この滝が私の滝好きになるきっかけの一つを作ってくれたからです。

 当時(30年近く前)は、まだ特に滝好きというわけでもなく、家族と日光旅行に行って華厳や竜頭を見たりしていました。そして、ふと手元の地図帳を見ると、聞いたこともないような名前の滝や滝記号が山中にたくさんあるわけですよ。で、その中でも特に目を引いたのが「裏見の滝」。滝についてまだ詳しくなかった私が「どんな滝なんだ!?」と思うに十分な滝名でした。そして、この時にこの滝を「見てみたい!」と思ったのが、本格的な滝巡りの初めだったように思います。

 その後実際にこの滝へ行き、裏側へ回ってみて「こんな滝があったのか!」と驚いたのをよく覚えています。(今でこそ裏側への道は柵を乗り越えないと行けなくなっていますが、昔は普通に行けました)

 とういうわけで、私にとって思い入れの深い滝、それが日光「裏見の滝」なのです。

Urami1  Urami2

 ちなみに次に思い入れの深い裏見の滝は、ここでも何度も登場させて、そろそろ皆様飽きてきているであろう「百四丈の滝」ですcoldsweats01。それを承知の上でここで紹介するのは、この滝がおそらく日本最大の裏見の滝だと思われるからです。毎回同じ写真でも仕方ないので、今回はあえて水滴だらけの写真をのせてみます。写真としては失敗作ですが、その迫力が伝わるかなと思います。

Hyakuyojo1

ところで同じ滝に再訪問することってあるの?(6号てるりん)

記事、遅くなりすみません。

再訪問、もちろんあります。

那智の滝、

奈良の御船の滝

などは何度か行ってます。

行くのが便利な滝はきっと何度でも行ってますね。

(しかしながら最近は滝に行く頻度が減ってるのでいつもご無沙汰です)

また、季節が違う時に訪れたいとか、水量の違いで流れが違うのが見て見たいとか、

いう滝なら、再訪することがあります。

裏見の滝について(6号てるりん)

裏見の滝、私も大好きですheart04

名前の通り裏見の滝というのも結構ありますね。

私の記憶の中では日光と群馬みなかみに行った事あります。

他、訪れた事があるのは・・・

長野の雷滝 

Img_2233長野の清滝(雪の時だけ?)

岐阜の阿弥陀が滝

奈良の行者滝(プチ裏見)

Ozika2 鳥取の大鹿滝

島根の竜頭の滝

などかな?

裏見といっても色んなタイプありますね。

私の感覚では、滝の流れているとこより中へ入れたら裏見かしら?

滝の流れる背中から向こうの景色を写真に収められるとこなら・・って感じかな?

それでも、やっぱ阿弥陀が滝や大鹿滝のようにいろんな角度から見られる滝が最高ですねup

裏見の滝について(4号BAL)

S20946841_603717338 群馬県「裏越しのセン」

初めて見た裏見が出来る滝は、熊本県「鍋ヶ滝」です。

まだ滝を覚えたて(?)の初心者だったので、これが当たり前な滝の形状なのだと思っていました。

ほら、冒険物のお話だと滝の裏にトンネルとか洞窟とかあるじゃないですか。

よくある滝の形であり、どこにでもある滝だと思っていたのですが、裏見の滝の中で「鍋ヶ滝」は一級品だったと気付くのはかなり後の話です。

その冒険を思い起こして、そんな感覚でワクワクしていたと記憶しています。

滝の裏にはアドベンチャーが待ってます。少年心(おっさんだけど)を沸きたてられる素敵な空間なのです。

そしてもう一つ、エロスでもあると思います。

普段、見れない姿を見ている。ある意味、スカートに中に入っている感覚を持ち、それはそれは興奮します。

男性ならば分かるでしょう? この興奮度合。夢中でシャッターを切ってしまいますよ。

ただし、自分が裏見に関して一歩引いてる理由があります。単純に怖いって事です。

えぐられた岩盤の中にいるものですから、いつ崩れるのか不安で、怖くなってすぐに離れてしまいます。陽が差さず暗い空間であり、そこに水の重点音がこだまして、それが恐怖を煽っている様に感じます。まぁチキンなだけですけれど。

ただ私は飛沫マニアなので、飛沫は正面が一番飛んできますし、正面こそ滝の姿がよく見えるので積極的に裏見探索はしなくても十分満足できます。ですので大抵は正面で満足して裏見など考えずに去っているのが多いです。

裏見に関しては佐竹さんの方が熱意を持っていると思っています。

裏見の写真を見ているとカッコよくて興奮しますね。これからはもうちょっと勇気をだして裏見探索がんばります。

Sdscf5999 Sdscf6026_2 長野県、百選「米子大瀑布」の「権現滝」

Sba_2 Simg_4989 福島県、「達沢不動滝」


裏見の滝について(5号プラリネ)

裏見の滝---------\(^o^)/sign03

大好物ですlovelylovelylovely

普通のひとに「裏見の滝」っていうと

「うらみ???怨み・・・?」って聞き返されますsweat02

NoNoNoNo~sign05ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

裏見の滝と言えば、群馬ってくらいsign02

群馬は多いかもしれませんflair

まずはその名前のまんま、みなかみの裏見の滝heart01

Photo

(あ、でも現在は一般的には裏へは立入禁止になってます)

百選の、棚下不動の滝heart01

Photo_2

(あ、こちらも現在は一般的にはお堂から先は立入禁止になってますsweat01

Cawmvf9u

でもこの滝は奇跡の滝なんです(u_u。)shine

詳しくはこちらをナイショ|∀・)banでご覧ください↓

http://ameblo.jp/taemoon/entry-11213631172.html

他には群馬には、榛名神社の瓶子の滝

Photo_3 (冬の凍結した姿です)

イヌグイ滝とか・・・・

Ca1acgja

・・・・・・・・あΣ(゚□゚(゚□゚*)sign03

しまったsign03 昨年、群馬で行き忘れてた裏見の滝があることに

気付きました∑(゚∇゚|||)coldsweats02

ああ、今年は行かないとrock

県外では・・・・、日光の裏見の滝も好きですheart01

Photo_4

(ここも一般的には裏にはまわらないんでしょうけどsweat02

長野県の雷滝も大好きheart04

Photo_5

あげるときりがないですねsweat01

けっこうあるもんです、裏見の滝good

Photo_6

裏見の滝、裏にまわるとこんな感じで・・・

Ca7z63ha Photo_7

ああ、大好きなあなたの心の中へ入れた~~~happy02heart04、みたいな

大好きなあなたに包まれたような(*´д`*)ハァハァheart02

そんな感じですscissors

とってもきもちいいんです((w´ω`w))shine

でも、裏見の滝じゃなくても、行けるとこまで近づけば

けっこうみんな裏見できたりするような気がします

ほらっ・・・・・note

Photo_8 Photo_9

あっ、入れそう~~~~heart

☆プラリネ☆

裏見の滝について(3号佐竹)

私は乙字ヶ滝のように幅の広い滝
大好きですが、実はそれ以上に大好きなのが、
裏見の出来る滝です。

裏見が出来てそれなりの落差がある滝
無条件で5点満点にしたいほどです。
(実際にはそうすると全体のバランスが著しく
欠くことになってしまうので、基本的には裏見が
出来ることを抜きにして点数を付けるように
しようと心掛けてはいますが…)

裏見が出来る滝で、滝の裏側に回り込んだことが
ある方なら、共感していただける方も多いと思いますが、
shine『滝の裏側の』あの非現実的で
幻想的な空間は言葉では上手く
言い表せない神秘的な世界ですshine


また滝の流れは通常途切れることがなく延々と流れて
いるように見えるもので、滝の真後ろにある岩盤は
絶対に透けて見えませんが、なぜか滝の裏側から
見ると滝は『霧状、水滴状』に見え、滝の流れも
途切れ途切れで透けて見えます。


そうして透けて見えたshine滝の背後にある太陽や
太陽光線が拡散した青空の景観は
やはり神秘の世界shine
としかいいようがありません。

さて、そんな私が好きな裏見の滝は
インクラの滝と福貴野の滝がscissors双璧scissorsです。

Pic_0202
(インクラの滝)


Dscn7224_2 
(福貴野の滝)


他にも棚下不動滝、苗名滝、雷滝、阿弥陀ヶ滝、
龍頭ヶ滝、壇鏡の滝(雄滝)、鍋ヶ滝等々、裏見が
出来る滝は全国に思いの外、たくさん
あります
ので、皆さんもぜひ裏見が出来る滝を
訪ねてみて下さい。

っていうか、今日にでも
『全国裏見の滝友の会』
でも作ろうかなぁhappy02


裏見の滝!大好きだあぁ~

3号佐竹

裏見の滝(滝に関する用語あれこれ)

 滝の裏側に入って見られる滝のこと。そのものズバリ、裏見の滝という名前がついた滝もいくつか存在する。

 滝の裏側が大きく浸食されて空間ができる、滝水の飛ぶ勢いが強くて空中を抛物線状に飛ぶ、などの要因により裏側から眺めることができる。

Photo  2_2
裏見の滝の例(鹿児島県・神川小滝)

ところで同じ滝に再訪問することってあるの?(5号プラリネ)

Cabothyb_2

群馬で一番メジャーな滝shine吹割の滝shine

(○`・ェ・)ノ【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】

なんだかお久しぶりのような・・・note

春ですね~春だなあ~

さくらてりたま食べたよsign03プラリネです(●^o^●)

さてさて、・・・・・・・・

えっsign02

同じ滝に?何度でも行くこと~???

全然全然ありますsign03heart01\(^o^)/

好きな滝には何度でも行くし

別の用事で出かけた先でも

「あ、●●滝の近くだな~、寄ってこ~」

とかふらりと行くこともあるからね(* ̄ー ̄*)

滝は生活の一部ですからheartヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

Caahf9az_2

☆プラリネ☆

どうやってHPの更新をする時間を作っているの?(4号BAL)

HP作成は結構疲れます。PCの知識がないものですから、かなり時間を使ってます。

私の場合、HTMLって食えるの?な人間なので、ホームページビルダーを利用して、パワーポイントみたいにペタペタと貼り付けて作っています。

ちなみに現在のHP使用容量は約230MB。掲載写真枚数は3000枚くらいですかね? いやはやよくも貼り付けたものです。

仕事を終えて帰宅し、家事・育児を終えてPCに触れる時間は1時間程、そのフリータイムに滝を調べたり、HPの編集等してます。
1番長く時間を使えるのは、休日前の深夜。ただし家族行事のお出かけ等の予定が入っていない事が前提ですけど。
その深夜に一気にHPを更新させます。気付けば明るくなり始めている時もありますよ。

一連のHP更新までの流れはこんな感じです↓

①滝巡りした一覧をHPの滝リストに書き込み(更新)

②カメラから写真をPCに移す

③写真の選定

④写真の色補正

⑤写真の縮小

⑥写真をHPに貼り付け

⑦文面を考える

⑧文面をHPに貼り付け

⑨HP更新!

特に時間が掛かるのが、③「写真の選定」と④「写真の色補正」と⑦「文面を考える」の3つですね。

まず、③「写真の選定」ですが、多いときには一つの滝で200枚くらい撮っているので、その中からお気に入りを探すのは中々悩みます。

そして次の④「写真の色補正」は一枚一枚を編集ソフトでより見栄えの良いように補正します。だいたいはコントラストを上げて終わりですけど、明るさや色を調整する時もあるので写真を見ながらの思考錯誤が続き、結構うんざり。

この③と④で4~5日掛かっていると思います。なにせ時間が限られているものですから。

⑤の「写真の縮小」はサーバーの利用容量を気にしない方でしたら不要な作業です。

殆どの写真は2~3MBで記録していまして、そのまま掲載するとレンタルサーバーの利用容量の限界にあっさり達してしまいますので、この作業はとても大事です。ここで写真を80~120KB位に縮小します。

今はフリーの「縮小専用」というソフトを利用して、一括で縮小出来るようになったので、手間が掛からなくなりました。

そして一番時間が掛かるのは⑦の「文面を考える」です。

学のない私にはこれが本当にしんどい作業です。これは仕事の休憩時間や通勤時の電車内でメールを打つように携帯でポチポチ作っています。完成したら家のPCにメールで飛ばして、メールからHPに貼り付けています。

集中して打っていると、気付けば電車を乗り過ごしている時もありますし、歩いている時もポチポチしてます(危ない)

そんなこんなで毎日チョコチョコと作業して、深夜に一気に貼り付けて更新しています。

滝HPの作成、今後行きたい滝の調べ、滝巡りの計画、滝ブログの作成、滝や沢登りの本を読んだり、地図や地形図を眺めたり、滝に関して触れていない日はありません。

少ない時間の中でなんとかやりくりしながらHPを更新してます。皆様のようにすばやく更新は出来ませんが、これからも頑張りますので宜しくお願いしますo(_ _)oペコッ

どうやってHPの更新をする時間を作っているの?(1号森本)

 自分のサイトの更新には、自分用の防備録という意味合いもあるので、日記をつける感覚で更新しています。なので、滝へ行くたびにこまめに更新すれば楽ですが、数をためてしまうと大変になりますね。

 私は基本的にHTMLは手打ち、テキストエディタ一つで全て作っています。一度テンプレートを作ってしまえばHTMLをコピペして、あとは写真と文章を変えるだけでいいので、それほど時間はかかりません。

 更新作業で一番めんどうくさいのは、住所と地図上での位置あわせでしょうか。でも、これをきっちりやらないと滝への案内という意味が半減しますし、時間はかかってもピンポイントで合わせるようにしています。

 あと、私のサイトでは滝の評価をの数五段階でやっているのですが、これも気を使いますね。「個人的な評価」と一言添えてはありますが、一つや、反対に五つの評価を出すのは勇気がいります。どんな滝でも滝は滝。わざわざ評価なんかしない方がよかったのかと思うときもありますよ…。

 なんだかよく分からない文章になってしまいましたが、お題に対する結論を言えば、自分のサイトで滝の紹介が充実していくのは作っていて楽しいもの。だから少ない時間を割いて更新するのも苦にはならないですよ。実際、更新作業をしているとあっという間に時間が経ってしまいますしねhappy01

どうやってHPの更新をする時間を作っているの?(前振り)

_28795
(大分県・乙原の滝)

3号佐竹です。実は私は昔から
不思議wobblyに思っていることがありますpunch

「そ・れ・は・・・」

あれだけ素晴らしいflairHPを作っている
森本さんやBALさんが一体どうやってsign02
HPの更新をする時間を作っているのか
という大いなる疑問です?

特にsign03BALさんは奥さん子持ちなのにィup

ねっ、ネッ!よく考えたら不思議でしょ!

ってことで明日から2人にその秘密
教えてもらうことにしましょう!

3号佐竹

HPの更新頻度は?(1号森本)

 それはもちろん滝に行って戻ってきたらです。

 だいたいは見てきてから一週間という所ですが、行ってきた滝が素晴らしく良い滝だった場合、興奮が収まらないうちに一気に更新してしまうこともあります。反対にそうでもなかった場合は大幅に遅れたり、次に滝に行ったときにまとめてしまうこともありますsweat01

 あと、不定期に詳しいレポートも書いていますが、こちらはちょっと時間がかかりますし、余程気に入った滝しか書かないので、このレポートの方は年に数回ですかね。

 それからこれはまだ秘密でお願いしたいのですが、訪れた滝の50音順索引を作ろうと考えています。実はもう滝ごとにインデックスはつけてあるので、あとは索引ページを作るだけなのですが、これがなかなか大変で…。まあ、気長にお待ちくださいませ(期待している人があればですがcoldsweats01

 ちなみに、最近は更新履歴の滝名をクリックすると、その滝の紹介に直接行けるようにしてあるのですが、これはその索引用のインデックスを先に利用している物です。ちょっと便利でしょ??

HPの更新頻度は?(4号BAL)

ネタが出来れば更新します! という不定期ですね。

逆に言うと、滝に行かなければ更新はないって事です。

まぁ他に夜景・御守り・観光の写真を載せているので、その場合でも更新しますけど。

自分のHPで滝リストなる訪問日を記載したページがありますが、それだけは滝に行ったらすぐにアップするように努めています。
数多く滝を巡っているので、数日経過してしまうと、どの滝に行ったか忘れてしまう恐れがありますから(>_<)

もしも滝リストだけ更新になっていましたら、一週間以内に滝巡りをした証だと思って下さい。

メインの写真などは、滝に訪問してから概ね1ヶ月以内にはアップしていると思うので、頻度とすれば1ヶ月に1度って所ですかね。

そんな訳で、先月に訪問した九州の滝をアップしましたので、ご覧頂ければ幸いですm(_ _)m

HPの更新頻度は?(6号てるりん)

HP開設してから10年以上経っているのですが・・・。

最近殆ど更新できてません。

しっかり写真まで載せたり色々していると作業に時間がかかるので、

せめて行った滝のリストだけでも挙げていけたらと考えているのですが、

PCに疎い私は少しでも何かトラブルあると、前に進めませんcoldsweats02

今はブログというのがあるから、更新も手軽で凄いなぁと思うのですが、

私としてはHPはHPとして残しておきたいもので、少しでも改善できたらというのは理想です。

今のを残しつつ、手軽に更新作業ができる方法ご存知でしたら、誰か教えてください。

よろしくお願いします。

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック