フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

~今年を振り返って~(1号森本)

 今年は結局23カ所のみの訪問となりました。いろいろあってあまり巡れなかったのは残念ですが、行きたい滝へは行けたので良しとします。

 その中から四つ振り返ってみたいと思います。

①小足沢大滝(栃木県)
 足尾山塊で最大の滝です。しかしお目にかかるのは大変です。ここは一人ではちょっと無理でしたね。仲間のありがたさを感じた滝行きでした。
Photo

②大倉滝(秋田県)
 鳥海山麓にある滝。この滝の凄い所は、大きな滝が同じ場所にいくつもある事です。こういう光景が見られる場所は、なかなかないでしょう。
Photo_2

③白滝(青森県)
 別名・日暮らしの滝。というか、こっちの名前の方が有名かも知れません。白神山地の最奥に落ちている滝で、山中で二泊三日を要しました。その間いろいろとあり、忘れられない思い出を作ってくれた滝です。
Photo_4

④雄川滝(鹿児島県)
 通常は滝上で発電所に取水されて水がない、幻の名瀑。発電所ができる前は、常にこのような姿を見せてくれたのでしょうが、今は大雨の後で発電用水が余ったときにしか見られません。この時は非常に良いタイミングで訪れることができました。
Photo_5

 というわけで、今年は数より質な一年でした。でも、正直もっと見て回りたかったんですけどねbearing

~今年を振り返って~(6号てるりん)

ほんと、お恥ずかしいくらい滝に行けてませんcoldsweats01

なので、行った滝を整理するのも簡単ですがね。

1月  奈良:三峰山不動滝   

2月  岐阜:乙女渓谷(ねじれ滝、和合滝、夫婦滝) 

5月  長野:暮白の滝

6月  長野:田立の滝

7月  愛知:猿投七滝 

    長野:万古渓谷(魚止滝、不動滝、唐沢の滝など)

9月  愛知:産湯の滝

10月 長野:三本滝

11月 愛知:瀬戸大滝、暁明の滝

以上です。

しかも3箇所が新規で行った滝ではありません。

ご無沙汰なので、それはそれでいいですが。

中でも特によかったのは・・・。

Kodaru2_1

乙女渓谷不動滝(雄滝)~氷瀑~

Img_5296_1   _1

万古渓谷沢渡ツアー

この2つですね。

来年はもう少し滝に会う機会増やしたいですup

~今年を振り返って~(4号BAL)

今年は不完全燃焼でしたね~。新規滝数が100滝いかなかったですから。

まぁそれでも1000滝達成、あこがれの岩手県「林滝」の訪問、初めての沢泊体験などを踏まえると中々メモリアルな年ではありました。

そういえば今年は森本さんと一緒に滝を目指してないよーな?

来年は是非ともどこかアタックしたいですね。

さて今年の感動ベスト5を
一応ご新規滝のみで報告しますね。

⑤岐阜県「百間滝」
独特な岩盤が怖いくらいカッコよかったですね。それに虹も見れましたし。
Sdsc_0492

④三重県「小木森滝」
今年1番苦労した滝です。5月なのに滝壺で遊びまくって、ガクブルして大変でした。
Sdsc_0065 Bal5

③長野県「百間滝」
緑に包まれた素晴らしい空間で、ワンダホーでしたね。
Sdsc_0306

②静岡県「釜滝」
ヒョングリ具合がパネェっす。自転車漕ぐのも気持ち良かったし、水飛沫は最高でした。
Sdsc_0161

①岐阜県「パノラマ滝」
シン谷側のこの滝を見た瞬間の心の舞い上がり方はやばかったです。笑顔を抑え切れなかったですね。
Sdsc_0154

そうそう、ごく一部の方から好評を頂いている家族旅行脱走シリーズ。

指令「宿の朝食の時間までに滝に行け!」

今年もチャレンジしましたよ。

ちなみに

2009年 岐阜県「白水の滝」
朝食に間に合わず嫁にチョー怒られる。

2010年 新潟県「大ザレの滝」
5分前に戻れてセーフ

さて2011年は?
長野県「文殊滝」

Sdsc_0176 Sdsc_0141
嫁と子供が寝ている3時に起きて1時間掛けて現地到着。
夜明けを待ってアタック開始。
あっけなく滝前に到達して時間が余ったので、もう1滝見て帰路。
10分前に到着して余裕でセーフ。
これで2勝1敗です。

来年も嫁に怒られないように頑張ります!

~今年を振り返って~(5号プラリネ)

Casbc0e5

プラリネサンタさんです☆(*´v゚*)ゞ

今年1年をまとめるのはとても大変ですね~sweat01

今年は毎週のように滝に行っていました(◎´∀`)ノ

それもちょっと強行スケジュールばかりだった気が・・・。

数はざっと数えると、250くらいの滝に会いに行きましたheart01

今年の目標であった滝婚heart04は、見事に散っていきました・・・(笑)(´;ω;`)ウウ・・・

かけがえのないもので、かけがえのないひとを失うとは・・・

さて、記事を振り返ってみて、今年の目標にあげた滝は

全部行ったようですgood

日光の裏見の滝の上流霧降の滝の滝つぼ前川本谷大滝称名滝・・・など。

Caxjt0zh Caplpo1r Cacm3c9f

Ca0wre9l 6401482_1242070278_128large

001

今年は突然、岐阜県の滝にハマったりheart04東北地方を攻めたりdashと、

ずいぶん予定にもなかったことばかりsweat01┐(´д`)┌ヤレヤレ

いっぱい見過ぎて選ぶの大変ですが・・・・・ベスト3を発表sign03

crown第1位crown

三沢大滝(栃木県)heart01

Cavwbciy_2  Ca79ux3w

crown第2位crown

天滝heart01(兵庫県)

Photo 6401482_1343973304_34large

crown第3位crown

岐阜県heart01

Ca7z63ha 6401482_1383340082_216large_2

すみません・・・決められなくて県で選んでしまいましたsweat01

Caqc2lcc Caxij0sr

他、大好きな日光でたくさん滝遊びできたり

地元群馬の好きな滝を再訪できたり、まだ未訪だった滝に会えたり

・・・・・

Capzfxd5 Caupd0gm

26316329_1201907291_135large  Ca3uv2a3 Cairw297

そしてそして、そんなつもりなかったのになぜか?(笑)、今年は東北地方の滝百選を制覇いたしましたヽ(´▽`)/shinegood

Cahk5014 (山形県、滑川大滝)

あとは滝姫プラリネとして、雑誌に掲載していただいたり

Ca4s5s7a Caby24wu

カメラマンさんに「滝姫写真集」を作っていただいたり

Caezq388

滝のトークイベントでは初めてプレゼンをさせていただいたり(たぶん最初で最後ですsweat01

本当に充実した滝生活を送ることができました。

案内してくれたり、ご一緒してくださった皆様、本当にありがとうございましたheart01(._.)アリガト

特に愛知県民さんたち、茨城県民さんたちにたくさんお世話になった気がします。

今年は突っ走った1年となりましたが

来年はのんびりと、ひっそりと巡りたいと思います。

きっとどこかの滝の下に、赤ずきんか、ピンクうさぎがいる思います(。・w・。 )

6401482_1326971775_119large  6401482_1242070137_152large_2

6401482_1391190915_121large 6401482_1391191083_22large

☆プラリネ☆

~今年を振り返って~(3号佐竹)

今年を振り返って、まずは昨年同様
感動した滝flairを順に並べてみます…。


①三条の滝(福島県)
Ikl_275
もうこれは冗談抜きで別格です。
単に大きさだけを比べたなら、他の滝は
すべてショボい滝になっちゃいます。


②壇鏡の滝(島根県)

「雌滝」
Dscn0884_2 Dscn2523_2 

「雄滝」
Dscn2865 Dscn1566
Dscn1223 Dscn1105
Dscn2739 Dscn2733
Dscn2630


離島である隠岐島にある百選の滝。普段から水量が少なくて
枯れ滝になってしまう(特に雌滝)ことも多いらしく一般的には
かなり評価が低い滝。が、私は心の底から感動しました。

役場の人の『年末年始は枯れない』という言葉を信じて、
年末年始に訪ねたのですが、結果、記録的な大雪snow
見舞われてしまい、フェリーが2日連続でまさかの欠航となり、
島内に閉じ込められてしまいました。結局、コンビニがない
どころか、島内のほとんどすべてのお店が閉まっていて、
他にすることもなかった私は大雪の中で計6時間も滞在を
してしまいました。なぜか寒いとはまったく思いませんでした。
 
『雄雌が一望できるし、裏見もできるし、風に
煽られて流身が象さんの鼻のように右に左に
面白いようにクネクネとひん曲がるし…』
等々、
感動してアドレナリンが出まくりだったからなのでしょうか?

きっとこの滝は常時それなりの水量があれば評価もまた
違ってくる滝だと思います。私は最初、雌滝を雄滝と
勘違いしてウワサと違って中々素晴らしい滝じゃないかと
魅入っていました。その後、本当の雄滝を観て更に
素晴らしい滝だったので完全にヤラレてしまいました。


③天河滝(長野県)
Dscn1249_8805 Dscn1265_8821
田立の滝群の主瀑。百選だから取り合えず
訪ねるか…とかなり動機が不純でしたが、
思いの外にいい滝でした。shine黄金色shine
光輝いているような岩盤がとても印象的でした。


④雲上の滝(秋田県)
Dscn7020_11384
茶釜の滝とは別の沢にある滝。ぶっちゃけ滝直下に
行けない茶釜の滝よりもこっちの方が断然好きです。


⑤白滝(青森県)
Dscn7804_12168 Dscn7806_12170 Dscn7798_12162
松見の滝に行く途中にある滝。流身を右に左に
小刻みにキビキビと振りながら落ちている滝。
何てことのない滝のはずですが、妙に私と
フィーリングが合った滝です。


⑥姿見不動滝(長野県)
Dscn0796_8352 Dscn0804_8360 Dscn0794_8350
水量もそこそこ(というか若干少なめ)、落差もそこそこ。
普通の滝のはずなのですが、滝直下で見上げた時に
落ち口からミスト状にやさしく降り注いでくるような
滝の様子になぜか心が鷲掴みにされました。


ちなみに今年は滝百選も残すところ
『あと9箇所』
という状況でスタートしました。

そしてそして、早戸大滝、三条の滝、御来光の滝、
田立の滝、茶釜の滝、松見の滝、八淵の滝
へと
何とか到達することができたので、残る百選の滝は、
いよいよ『双門の滝と七ッ釜の滝』の2つになりました。

残るべくして残った感じの2つで、ヘタレの私が果たして
挑戦するのかどうなのかさえも不明(実際のところ、
どーするかずっと葛藤中)ですが、こうなったらというか、
いざとなったら森本さんとBALさんに平身低頭で頼み
込んで連れてってもらはねばなるまいと思っております。

はてさて…。どうなることやら。

3号佐竹

無名滝について(6号てるりん)

名前がない滝ですか・・・。

通りすがりで見つけた滝で、地図上の名前などと一致しない場合は無名滝になるんでしょうね?

私の中ではカウントに入れてないのですが、

記録を残すなら、どこの河川だとかどの支流とか、場所をとにかくチェックしますね。

それにしても、名前がまだないって事は名前をつけるチャンスがあるのかしら?

無名滝について(5号プラリネ)

名もなき詩・・・・

名もなき戦士たち・・・・

があるように????

名もなき素晴らしい滝だってあるんですsign03

Caiwoo5b

そこに水がある限り、流れがある限り

滝なんぞそこらじゅうに溢れてますheart01

たまたま名前をつけられた滝

誰にも名前をつけられなかった滝

名前があるから素晴らしいとは限りません。

先日、神奈川県の洒水の滝の隣りにちょろちょろと流れていた滝・・・

Photo

名前はないと思うんだけど、こういう、メインの隣りに

ひっそりと流れているわき役的な滝も

好きだったりします(。・w・。 )

秋田の安の滝の隣りにもあるよねnote

そっちはちゃんと名前のある滝だけど。

みなさんも名前のない素敵な滝見つけたら教えてくださ~い( ^ω^ )

☆プラリネ☆

ヒル対策って何かしてる?(1号森本)

 してません〜coldsweats01。沢靴でスパッツをピッタリつけておけば、だいたい大丈夫みたいです。あとはヒル地帯の滝には早春、まだヒルが活動を開始する前に行くことですね。これが一番です。

 ちなみに、個人的にはヒルよりもアブとかブユの方が数倍やっかいだと思ってます。まあ、それは噂に聞く雨上がりの「ヒルで蠢く地面」を見たことがないからかもしれませんが…shock

ヒル対策って何かしてる?(6号てるりん)

対策といった対策ちゃんとできませんcoldsweats01

初めてヒルにやられた時、同行者がライターの火近づけたらヒルが離れるよ

言われてから、しばらくライターを持ち歩くようになりましたが、

いざとなった時はライターの事も忘れてますね(苦笑)。

あと、がいいようですね。

塩は遭難対策と兼ねて持っているといいかもしれない。

水と一緒に。

ヒルがいるのは温かい時期だし、熱中症対策にも使えるのでは?と思っております。

ヒル対策って何かしてる?(4号BAL)

ナメクジがパワーアップしてグロテスクになったような奴なので、塩水が有効です。

昔は、100均の噴霧器に塩水をいれてました。
が、塩分濃度が薄かったのか、紀伊半島のヒルに吹き掛けても効かず…。
でも安く仕上げるにはそれが1番だと思います。

今は虫よけスプレーを常備してます。ディートという成分がヒルにはとても効果があるようで、シュッシュッとやるとキューっと縮んで動かなくなります。けっこう爽快感を得れますよ。

ちなみに、最強のスプレーとしてヒルバスターなる物も売ってますが、ちと高価ですね。

対策としては
①自宅での準備
目指す滝付近でのヒル被害の有無を確認(ネットや滝友さん)

②現地出発前の準備
・ズボンの裾を靴下の中に入れる
・虫よけスプレーをズボン、靴下、靴にかけまくる

③出発
特に枯れ葉のある道を通り過ぎる時は警戒体制に入る

④ヒルとの出会い
靴を常時チェックし、見つけたら虫よけスプレーを噴霧。あまり立ち止まらずにすぐに移動

⑤下山後
ヒルがいないか服を脱いでチェック。仲間がいるなら背中とか見えない所を見て貰う

⑥被害にあったら
ばい菌が入っているかも知れないので、回りの皮膚をつまんでギュッと押し出す。消毒を忘れずに。

※噛まれている(ヒル食事中)時に発見した場合
無理に剥がそうとすると、皮膚まで持って行かれ被害が大きく成り兼ねませんので、触らず虫よけスプレー等でやっつけて下さい。

こんな感じで対応してます。

抹殺方法として塩水・虫よけスプレー以外に
・たばこの火種で焼く
・ハサミでちょん切る
というのもありますよ。

枯れ葉は注意と言ってますが、木の枝にも潜んでいるようで、バランス取るのに掴んだ時に取り付かれ、手首をやられたとの事例もあるので、そこも注意ですね。

と、ズラズラと対策を上げましたが、1番の対策は

ヒルのいない冬に行く、ですね。
これならスプレーやチェックなんていりませんから安心です。
そして最強の対策は!

気にしない

です。やられたってお構いなし! 出血多量で死ぬ事はありませんので、心臓に毛が生えている方にはお勧めです。ただし自己責任でね。

さて、女性の方にはここからが重要です。
下山後に背中とかのヒルチェックをして貰いたい時は

私を呼んでください!

被害はないか、ヒルが潜んでいないか、全身なめ回してチェックしてあげます、グヘヘ。

ヒル対策って何かしてる?(5号プラリネ)

基本、ヒルが出るとこ行きませんsweat01ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

どうしてもそこに行きたい時は、出ない時期を狙って

行くしかありません・・・(ノ_-。)

もう、ほんと無理です・・・・ヒルルルル・・・・wobbly

これ以上、繁殖しないでおくれよお(p´□`q)゜o。。

ヒル対策って何かしてる?(3号佐竹)

ズバリ!ヒル対策は何もしていません。

何しろ私は遊歩道系お手軽・
お気軽・ヘタレ滝ヤdash
なものですから。

実際にヒルに遭遇したのも過去に2回だけですし、
ヒルのことを意識したことり、対策を講じるという
ことは現在のところはしていません。

3号佐竹

ヒルに遭遇したことある?(1号森本)

 はいはい、何度でもありますよ〜。特に出会う機会が多いのは紀伊半島ですね。夏場の雨上がりとかに行くと、大変な事になりますよ。沢の中を歩いているときはまず出会いませんが、高巻きとかで湿った樹林帯に入るとウジャウジャ出てきます。もっとも、実際に血を吸われるまでいくことは少ないんですけど、もし吸われちゃったら、ソックス血まみれになりますので、覚悟くださいませ。

 あと、実際に遭遇はしていませんが、同じく紀伊半島の大台ヶ原周辺には「鼻ヒル」というのが居るようなので、要注意です。これ、幼虫の入った水を飲むと、鼻の奥の所に吸着し、成虫になるまで約一ヶ月もの間、鼻の中に寄生されちゃうのです。病院に行かないとどうしようもなくなるので、大台ヶ原では生水は決して飲まないようにしましょうね…sweat02

 下の写真はヤマビルさんです。サムネイル小さくしときましたので、見たい方だけクリックして見てやってくださいcoldsweats01

Photo

ヒルに遭遇したことある?(6号てるりん)

滝で遭遇したもので一番恐怖だったのがヒルですねcoldsweats02

初めてヒルの存在を知ったのが10年くらい前の話。

内容は下記に書いてます。

http://page.freett.com/101terunyan/wakasarepo.htm

まさか、こんなとこで遭遇するとは思わなかった??

そして、今年、2回目のヒル被害に遭いましたcrying

鈴鹿山脈はヒルの宝庫という噂は聞いておりましたが、

まさに、竜ヶ岳の渓谷沿いのルートにいたんですwobbly

行きと帰りは別ルートでしたが、どっちにも。

Img_4820  長尾滝 (三重:宇賀渓)

何度見ても、あの黒い奴はイヤですね。

ブログ開設29ヶ月(3号佐竹)

すいません。ここのところプライベートで
色々と忙しくブログの更新が滞り気味wobblyです。

今年もついに12月に突入し、残すところも
あとわずかdashになりましたね。

皆さん心残りdespairはありませんかsign02
今年訪ねたかった滝でまだ行けてない
滝はありませんかsign02

あと1ヶ月ですが、お互いに?頑張っていきましょう!

3号佐竹

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック