フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

滝の写真に人が写っていても気にならない?(1号森本)

 かなり気になりますね〜。観光の滝で、滝の真下まで誰でも行ける滝だと、なかなか大変です。

 人がいる間に構図を決めておいて、いなくなった瞬間に写真をパシャパシャ。また人が来ると一旦休んで、いなくなると再びパシャパシャ…って感じです。人が多いと待ち時間も多くなり、予定外に長居をすることになります。

 なので、こういう滝では、まだ誰もいない早朝を狙って行くことも多いです。

 さて、それは観光滝で全く知らない人がいる場合。そうでなくて、滝仲間と一緒に行ったときは、記念の意味も含めて何枚かは写すようにしています。もちろん、誰もうつっていない写真を撮った上でのことですけどね。その辺はみなさんだいたい同じ考えのようで、自分が写った写真も欲しいですし、和気あいあいとやってます。

 あとは…そうですね、夏場に水遊び場になる滝。例えば大分の竜門の滝とか、広島の妹背の滝とかですが、こういう滝の場合は人に親しまれている、賑やかな雰囲気を撮って作品にしてしまうのもありかな、と思います。まあ、例外中の例外ですけどね。

滝の写真に人が写っていても気にならない?(6号てるりん)

一時期、人が写ってるのが気になってた事ありますが、

最近はあまり気にしなくなりましたmaple

撮影時間にそんなに取ってられないというのもあって。

人も風景だという認識です。

観光地ならなおさら。

人がいない時を狙うよりも、人がいてもいいやと思うほうが気持ちが楽。

ただ、まともに誰なのか分かるような場合だとHPにアップしたりしたい時に困っちゃうので、

そこはうまい具合に収まるといいなという感じです。

ただ、仲間内で観光地度の少ない滝に行くときは、

人の写ってない写真も撮りたいというのはありますね。

また仲間もそう思ってるであろうと。

たまに私が風景だったりして(^^;

滝に近寄りたい人たちだもんねcoldsweats01

仲間内とかじゃなくても、「滝の写真を撮りに来たんだ~」って感じの方は、

滝だけの写真も撮りたいんだ・・・という気持ちもあるかと思いますので、

その辺の気遣いができたらなぁ~と思っております。

Img_4625 長野:三本滝

29日に行ってきました。

きっと誰かのカメラには私が風景になってるだろうし、

人が写ってる写真もありましたが・・・。

滝の写真に人が写っていても気にならない?(4号BAL)

うんうん、気になる。チョー気になる。

よく「森本さん、どいて~」って言ってますよ。

以前、森本さんが書いてますが、カメラのファインダー越しに滝を見ている時は「いいねー素敵heart01 もうちょっと跳ねてみようか? あっそんなに風に揺られないでよぉ(>_<)」とか話し掛けてますよ。
その時は、滝と私の二人の世界なので邪魔されたくないのです。
これはちょーワガママだって事は分かっています。だから普段は「どいて」なんて言いませんよ。

滝を見る為のルールなんてないですし、そんなのあったら窮屈で滝が嫌になりそうです。
でもグループで行っている時には気を配らないといけないですよね。
滝を間近に居たい人、遠望で全体を見たい人、写真を撮る人、浴びたい人、色々な滝マニアがいますので自分のワガママを押し通してはいけないと思います。
この辺りはグループの空気を呼んで動きたいですね。でも滝前に立つと我を忘れてしまう時もあるので結構迷惑かけていると思います。ごめんなさい。

でも全てにおいて滝を独占したい訳ではありませんし、人の入った写真も必要です。
グループでの集合写真もそうですし、大きさの比較の観点でも必要だと思っています。

それと、仲間と苦労して到達した時、その滝の素晴らしさを共感出来るのは、仲間がいてこその喜びですからね。

このブログに参加して1年が経ちました!(5号プラリネ)

Cai7vj3t Caezy4el

もう1年経ったのですねw(゚o゚)wsweat01

あっという間の1年でした・・・・

このブログに参加するようになった頃から

あたしは滝中心の生活になってしまいましたね。

お喋りが苦手なあたしだけど、書くことは好き

・・・とか言いながら、このブログはなかなかいろんな意味で

書くのが難しいです。(笑)

滝が中心の生活になってから、失うものもあったり

正直、やめようかと悩んだこともありました。

でも、中には「やめないでください。」と・・・

「いつも楽しみにしています。」と言ってくれたかたがいたので

続けてこれました。

ありがとうございますm(_ _)m

本格的に滝巡りするようになり、楽しいことばかりじゃないこともあるし

ケガや命に関わるような危険なこともあるけど

でもそういう痛みとか、身体で経験して味わって

覚えていくことも大事だと思います。

その痛みがいつか誰かを癒やせるような力になれたらいいですねclover

ひとが、例えば、音楽を通して伝えたいことがあるとか

映画を通して伝えたいことがあるとか

あたしにはそれが、滝だっただけです。

Cau0cubh

あと、あたしはかなり人見知りなんですが

滝を通して、昔よりかは、老若男女問わず

普通に話せるようになりましたね。

そんな・・・どんな?sweat01あたしですが

まともな記事が書けないことも、更新が遅れてしまうことも

ありますが

これからもどうかよろしくお願いします(o・ω・)ノ))

Ca3vi8pi

And believing in what lies ahead.

with love.

☆プラリネ☆

滝の写真に人が写っていても気にならない?(5号プラリネ)

紅葉シーズンですねshine

あたしはちょうど紅葉真っ盛りに今年はまだ出会ってませんねdown

Ca97rdbo 

滝の写真に人・・・・・????

ほえsign02

あわわ~・・・・・\(;゚∇゚)/

じゃあ、あたしの滝の画像は不愉快きまわりないということですね~(;´▽`A``

あたしの滝の写真には必ず、あたしが一緒に写ってますからね~sweat01

m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン

人じゃなくて、テトでもダメかしら???

Ca4uyp2t

う~ん、そうですね~

滝を見に行って、他の知らない見物人さんが写ってるのは

気になるかもしれませんが

一緒に行った人たちだったら、むしろ滝と一緒に写しますよ?sweat01

こんなふうに↓( ´艸`)プププheart04

Ca6rvom2 Ca6i77v6

さみしくないですか???。*((艸д・。`*)゜*。

滝も好きだけど、一緒に行く人たちの人も好きですから。

思い出ですからねgood

あと、人が写っていることによって、大きさとか伝わりやすかったり

することがありますね~。

滝だけの写真より、滝と誰かが一緒に写ってるの見て

あたしもそこに立ってみたいsign03とか思うこともあります。

Cah3z2tg

自然と触れ合うことも大事ですが

自然を通して、人と触れ合うことも大切に思います(。・w・。 )

Ca00pe3l

☆プラリネ☆

滝の写真に人が写っていても気にならない?(3号佐竹)

Dscn1184_8740
(長野県・霧ヶ滝)

はっきり言ってメチャメチャ気になります!

まさか滝の写真cameraに人が写っていても
気にならない人がいるとは、ある意味
カルチャーショックsign03sign03sign03です。

「私は滝の写真に人が写っていても
まったく気にならない、むしろ滝の
大きさがわかるからいい」

という話を聞いた時に、思わず

『えぇ~、うそォ~』と大きな声が
出てしまったほどです。

う~ん、滝好きにも色々いるんだなぁ~。いやはや。

私は誰にも遭遇したくないので、滝に行く時は
夜明けsunと共に行動を開始します。でもその人は
そういうことはしないんだろうなぁ~。

そういえば…、余談になりますが、ウチの母親も
観光地に行った時の写真に人が写ってないと
不自然で逆に変な感じがするとか言ってたっけな。。。

ん?、もしかしてオレが変なのか…。

3号佐竹

滝の写真に人が写っていても気にならない?(前振り)

Kif_6324
(群馬県・吹割の滝)

先日、御来光の滝にご一緒した方と
滝の写真cameraの話しになり、その方は

「滝の写真に人が写っていても
まったく気にならない、むしろ滝の
大きさがわかるからいいじゃないですか」


とおっしゃられていました。

「う~ん、そういう考え方もあるんだぁ~」
と勉強になりました。

ということで明日からは『滝の写真に
人が写っていても気にならないか?』

をテーマに記事をアップしたいと思います。

(3号佐竹)

今のうちに早く行っておいた方がいい滝(1号森本)

 BALさんも書いておられますが、先日の大雨で起きた、大山滝の一段目埋没は衝撃的でしたね。まあ、このように刻々と姿が変化するのが滝の宿命。せっかくの美しかった姿が…と思うのも無理はありませんが、私は今現在の姿を素直に受け入れてあげたいと思います。変化しない物などない、それが自然ですから。

 このように滝の姿が一変した例として有名なのは、1986年におきた日光の華厳の滝の大崩落でしょう。この崩落は日光測候所で震度2を観測するほどの大規模なもので、滝の上部にせり出していた岩盤が全て落下、落ち口の姿は一変し、それまで完全に空中を飛んで落下していた水も、この崩落により途中で一度岩盤に当たるようになってしまいました。また、滝壺も崩落前は深さ10mほどあり、TVで潜水した様子が放映されたりもしましたが、現在は埋まってしまい、その頃の面影はありません。

5  1
左が1986年以前の姿

 さて、テーマである「早く行っておいた方がいい滝」ですが、先ほども書きましたけど、私は今の姿をそのまま受け入れたいと思うので、特に今のうちに行っておかないと…と思う滝はありません。

 ただし、ダムに沈むとか、そういう人工的な要因の場合は別です。島根県の岩瀧寺滝はダムに水没する前にと、数年前に見に行きました。まだ水没はしていないみたいですが時間の問題です。

Photo_2
岩龍寺滝

 あと、世間で話題の群馬県八ッ場ダム。このダムが完成すると、上流にある不動滝がほぼ水没することになります。ダム工事は中止される可能性もありますが、この不動滝は今のうちに見に行っておいた方がいいと思います。

Photo
不動滝

 姿が変わるだけならいいのですが、こういう永遠の別れは悲しいですね。

今のうちに早く行っておいた方がいい滝(4号BAL)

鳥取の百選「大山滝」
美しい2段の滝が、台風の影響で土砂崩れが起き、下段が殆ど無くなってしまいましたね。

これは私にとって物凄くショックでした。
今年のGWに巡る予定だったのに、やむを得ず鳥取行きを断念してしまった経緯がある故に、あの美しさが見れないのかと思うと、無念の限りです。

さて、山梨県の百選「北精進ヶ滝」の写真を2枚張ります。

Sdsc_0052 Sdscf0336

左が1年前の写真、右が2年前です。

これ、違い分かりますか?

Sdsc_0052_2 Sdscf0336_2

はい、ここの赤丸の箇所が崩れたんですね。

その結果、砂浜の滝壺は埋められ、代わってお立ち台が出来ました。
Sdsc_0072 S2007_06250012

私は以前の美しい砂浜が好きでしたので、残念に感じました。

しかし、常に水の威力を受けている岩盤なのですから、崩れるのは自然の摂理。

天災なんぞに関わらず、滝は常に変化をしています。
明日になれば変わっているかも知れません。
ましては水量や天候でガラッと表情を変えますから、想像している姿で出会えないのもザラです。

私のモットーは「行きたい時に、行きたい滝へ」です。

ですので、崩落の恐れとかは考えず、その時に「行きたい!」と思った滝を目指しています。

ただ、敢えて言うのなら、形が特徴である滝は行った方がいいかも知れないですね。

悪魔の顔で有名な北海道「社台の滝」も、私が訪問以前に崩落で右目の形が変わったようです。

S2
今後も崩れて行くのでしょうから、もしかしたら顔が無くなってしまうかも知れません。

今のうちに早く行っておいた方がいい滝(前振り)

Kif_5464
(群馬県・棚下不動の滝)

先日の滝のトークイベント第5弾のアンケートで

「昨今、地震や台風などが多く、土砂

災害などで滝下まで行けなくなっている

所も多くなっていると思いますが、


(今はまだ大丈夫だけど)
ここは早く

行っておいた方がいいよ
というお勧めの

滝はありますか?」
との質問がありましたので、

早速、森本大先生upBALさんpaperに回答して

いただきたいと思います。

(3号佐竹)

美瀑について(6号てるりん)

これが美瀑だ~というのは決められないので、

こんな感じかな?というのを取り上げてみます。

写真なくてすみませんm(_ _)m

one全景で見て滝が引き立つなぁ~と思う滝

two流身がとにかくキレイ。

岩肌が細やかな段になっているとこが私好み

threeいつの時期に見てもキレイ

four見てるだけでホッとするような雰囲気のある滝

five滝の音が高くもなく低くもない

漠然としたことしか書けなくてすみません。

これらにあてはまりそうな滝ありましたら、教えてくださいね。

美瀑について(5号プラリネ)

ひとはどうして、きれいなもの見ると涙が溢れるんだろう。

・・・・て、ひとにもよるか。

ハイ、美瀑と聞いて一番に頭に浮かぶのがやっぱり

安の滝になってしまいますねsweat02

Cax1er8p_3   

今、倒木があって、上段の下まで行けないと聞いたんですが

行けないのかなあ~(ノд・。)

そういえば、どこかのHPで、この安の滝が

「行くと恋が叶うという噂がある」なんて紹介されてましたけど・・・・sweat01

前に行ったときに

ある滝仲間さんに「今度は好きな人と行ってみてね」なんて

言われましたね。

だからあたしは、しばらく行けないんだろうなあ・・・・・(u_u。)

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

先日、奥日光に行ったとき、たくさんの美瀑に会いましたheart01

Cacl0127_2 

Caerl9tc

Caqtpeyo Catseqce_3

日光といえば~、霧降の滝も美瀑ですね~shine

Photo_3 

日光はこれから紅葉シーズンですねnote

あたしは紅葉のとき、行ったことないですが(激混みなので)sweat02

日光大好きですo(*^▽^*)o

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

Photo_6   Photo_5

(兵庫県・天滝)

美しいものは、どこか切ない。きゅいんとする。

儚いから美しいのか、美しいから儚いのか。

悲しみを秘めてるから美しいのか。

あたしも、悲しみを越えて美しいひとになりたいです。

☆プラリネ☆

滝の流れる速さについて(1号森本)

 はい?coldsweats01滝の落ちる速度?。なんか急に振られましたが…おろおろ(笑。まあ、何とか書いてみますかねsmile

 直瀑の落下速度。
 直瀑は自由落下なので、その速度は落差が大きいほど重力により加速され、高速になるはずですが、滝は水滴なので空気抵抗が大きく、終端速度は普通の物体よりも遅くなるはずです。華厳の滝の落差は97mで、ビデオ映像で計測してみたところ、だいたい5秒で滝壺まで落下しましたので、落下速度は20m/秒ぐらいになるでしょうか。

Photo
華厳の滝〜栃木県・日光

ただし、それは華厳の滝のように水量が多くて水滴の大きい滝の場合。水量が少なくなると水は途中で霧状になり、落下速度は遅くなります(完全な霧状で2〜4m/秒程度)。そしてちょっと変則的ですが、風が強い場合は落下速度がマイナス…つまり、吹き上げられて滝壺へ達しない場合もあります。
 ちなみに落差が低ければ水量が少なくても霧状にならないため、落下速度は落差10mの場合で8〜10m/秒程度はあるでしょう。

Photo_2
白糸の滝〜福島県・安達太良山麓
風が強いと滝壺に水が到達しない。

 岩盤にぶつかりながら落ちる滝の落下速度。
 これは難しいですね。岩盤の上を流れるのでその抵抗を受けるし、屈曲すればその分遅くなるでしょう。しかし、もし水量が多ければ直瀑とほぼ変わらない速度で落下するでしょう。ちなみに下記の大倉滝の場合は、落差約70mで10秒かかりましたので、速度は約7m/秒でした。ただし落差が不正確な上に、水を追うのが難しかったので、誤差は大きい思います。

Photo_3
大倉滝(赤い滝)〜秋田県・鳥海山麓

 渓流瀑の落下速度。
 これは岩盤の抵抗を強く受けて流れ落ちます。一枚岩の上を流れ落ちる滝では、扇状に流紋を作りながら流れ落ちる様子が見られますが、非常にゆっくりに見えます。また、流れの中でも中央部と周辺部では速度に違いがあることが、じっくり観察していると気がつきます。しかし、直瀑なら計算でおおよその落下速度が出せますが、このタイプの滝の場合は実際に計ってみないと答えは(たぶん)出ません。川の流速と同じです。下記の白滝の場合は、落差約80mに16秒かかりましたから、速度は約5m/秒となります。かなりゆっくりですね。でも、これはあくまでもこの日の速度。水量などの条件が変われば、全く違った結果が出ることでしょう。

Photo_4
白滝(日暮らしの滝)〜青森県・白神山地

 いやいや、柄にもなく真面目な事を書いたので疲れました(笑。とりあえず、こんな感じで勘弁してくださいませcoldsweats01

滝の流れる速さって?

Dscn1386
(奈良県・ナル谷大滝)

先日の滝のトークイベント第5弾karaokeのアンケートで

滝の流れる(落ちる)速さ(スピード)を教えて

下さいとの質問がありましたので、早速回答させて?

いただきます。回答するのは森本大先生です。

(ムチャ振りhappy02

(3号佐竹)

登りと降りどっちが得意?(1号森本)

 ん?これは滝までの道のりのことなのか、それとも滝を直接登る時の事なのか…。まあ、せっかくなので両方書いちゃいましょう。

 まず滝までの道のりですが、これは滝に限らず登山の場合でも、登りが圧倒的に楽ですね。登りはマイペースで息が上がらないように歩けば大丈夫ですが、下りはそうはいきません。足の筋肉は使うし、下手な歩き方をすると膝も痛めがちです。それに下りは帰りのことが多いので、油断からの事故も多くなり、要注意です。

 で、滝を直接登る場合。これも圧倒的に登りの方が簡単ですね。崖を登るときは掴む場所が目の前に見えるので、意外と簡単に登れます。対して下るときは、足をかけたり手で掴む場所が見えにくく、フリーで下るのはかなり危険です。こういう時は迷わずザイルを出して懸垂下降です。違った言い方をすれば、ザイルを持っていないのに、帰りのことを考えずに滝を登るのはやめましょう…って事です。ちなみに滝を見に行って登る対象の滝は、目的の滝の前に立ちふさがる前衛滝です。いや、これが本当にやっかいな事が多くて…って、これは話が長くなるのでやめておきましょう(笑。

 まあそういうわけで、私は登りの方が得意です。

1

鹿児島県・八瀬尾の滝(一の滝)

この滝の横の急な石段を登っていくと…。

2

八瀬尾の滝(大滝)に着きます。

雨で濡れた石段、下りは滑りそうで大変でした。

ブログ開設27ヶ月(4号BAL)

よっ! 27ヶ月。いやー感慨深く……は、ないな。うん。

目指せ36ヶ月ですよ。

そうそう、先日会社の人にトークイベントの動画を見せたんですよ。
まぁ当然マニアックな滝を紹介しているのでピンと来る訳ない。
じゃあって事で華厳滝壺ムービーの所を再生したのですが…

「華厳の滝ってどこ?」って言われちゃいましたよ、ハハハ。
世間はそんなものですかね。

華厳繋がりで、奥日光の滝に行ってきました。
庵滝の上流にある「外山滝」です。
Sdsc_0197

大変でしたよ本当に。

最後の落差8m、滝壺の奥行き6m程の前衛滝Sp9180039 が越えられず、それを巻くのに2時間30分くらい掛かりました。しかもずっと崖沿いのトラバースSp9180042_3 ですから気が抜けないのなんのって。

直線距離では、たった6mです。それに2時間30分ですからね。難易度高いですよ。

でもそれに見合う素晴らしい滝でした。行って良かった。苦労したけど楽しかったです。

Sdsc_0266

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック