フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

滝好きになりそうな人はどういう人(3号佐竹)

Kif_8741
(高知県・樽の滝)

私が思うにそれなりにいい滝を観てもほとんど
何も感じない人はアウトpunchだと思います。
(そりゃそうか・・・)

きっと何本滝を観ても滝を好きになることはないでしょう。


続いて、それなりにいい滝を観て「スゴい!!!」
というだけで、それ以上は何も感じない人も
残念ながらそれ以上は望めないような・・・sad

今まで私は三大名瀑の那智の滝、華厳滝、袋田の滝、
また百選の滝でもこれはレベルの高い方だと思っている
白糸の滝、安の滝、常布の滝、丸神の滝、天滝
米子大瀑布、轟の滝、称名滝、
などに『特に滝に
興味も感心もない知人を連れて行ったことがありますが、
いずれも「へー、スゴいね!」で終わり。

それって多分、その人たちにとって考えていた以上に
滝が大きかったので、その大きさ(落差)に「スゴい」
思っただけなのでしょう。。。


では、実際にどういう人がshine滝好きshineになる
素養があるかというと。。。


それなりの滝に行った時の反応として

○他にもいい滝あるの?と聞いてくる人。

○実際に他にもいい滝に連れて行ってと言ってくる人。

○滝を見ると無性に近付きたいという衝動にかられる人。

などでしょうかねぇ~。

(3号佐竹)

滝好きになりそうな人はどういう人(前振り)

P1000148_2
(石川県・桶滝)

このブログも何だかんだと一年以上続けてupwardrightいますが、
一向にshine滝ブームshineが来そうな気配はないですねぇ~down

ってことで、今回はどういった人が滝好きになりそうな
資質paperというか、素養scissorsを持っている人なのかを
真剣happy02に考えてみることにしました。

(3号佐竹)

滝壺での最高滞在時間(6号てるりん)

こないだ恵那山の帰りに久々に滝行きました。

Img_3914 長野県阿智村の暮白の滝

滝壷での滞在時間、大抵はあまり覚えてません。

滝など行くときに所要時間などをメモする時はあるのですが、

誰かに連れってもらう時はメモし忘れることも度々でして・・・。

最近はデジカメのデーターで大体の時間が読めるように写真撮ったりしてますがね。

おおよそですが、単独の場合は長くて1時間くらいかしら

たぶん滝好きの仲間の人たちと行くと2時間くらいってことも

昔、私が一眼レフ&替えのレンズ、三脚持って行動していた時は、

人並みに長かったですが、

滝に行くまでのレベルアップに軽量化したため、持って行くカメラも減った分、

撮影時間が減ってしまいました。

滞在時間の使いかたですが撮影以外では、滝を見られる範囲の角度から眺める、

花などの植物探索とご飯などを食べる時間ですね。

ちなみに、最低滞在時間は・・・。

兵庫の母栖の滝です。

大量のヒルの恐怖で1分もいなかった気がしますcoldsweats02

これは忘れられません。

滝壺での最高滞在時間(5号プラリネ)

更新が遅れてすみませんm(_ _)m

トークは苦手だけど、書くことは好きなプラリネですが

調子が悪く、書くことができずにいました。

ごめんなさい(u_u。)

Catayc3g

滝壺での滞在時間、あたしは短いほうじゃないかなぁ。

でも、滝下に着いたら、時間なんて忘れてしまうからsweat01

わかりませんねぇぇ・・・ヾ(;´Д`A

基本的に滝下に着いたらできるだけ

滝に近づくsign03

そして水しぶきを浴びる。

いろんな角度から見つめる。

滝と2ショットの写真を撮る。

そのあとは少し離れた場所から、滝を眺めながら

いろいろ物思いにふける。

だいたい30分~1時間くらいなのかな。

Caqc2lcc

先日、滝の下で1組のカップルと、滝仲間さんに会いました。

滝仲間さんがあたしと喋って帰るときに

そのカップルにあたしの事を「とてもキレイで、おしゃれな方ですね。有名な方ですか?」

と聞かれたらしいです(。・w・。 )

いやんheart04一緒に写真撮れば良かった(/ω\)ハズカシーィ

・・・・って、滝仲間さんは何て答えたのだろうか。

そこは聞いてなかったヾ(*゚A`)ノ

きっと「いや、あれは、滝の妖精ですよ」と答えてくれたはずです(笑)

・・・・なんて、苦情殺到ですね、ごめんなさい(p_q*)

でも、滝下で、カップルに会うと嬉しくなります。

このあいだ会ったカップルの事も微笑ましく眺めていましたよlovely

「お幸せにねheart01」って、勝手に願っちゃいます( ´艸`)

生まれ変わったら、滝の妖精になりたいって、本当に思っているんですよ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

安の滝みたいになって、みんなの幸せ願うんだあshine

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あ、話が脱線してしまいましたsweat01

脱線ついでに?・・・・・・あたしは少し前から岐阜県の滝にはまってます。

Cava5qi4

ひとりでしばらく岐阜県にこもりたいです。

3ヶ月くらいあれば、全部まわれるのでしょうか・・・・・

Cazfnh3f

みなさんは、滝の下で何を想うのでしょうか。

あたしは、愛しいひとを想う。

それだけはずっと変わらない。

Casnd8jr

☆プラリネ☆

滝にまつわる伝説って気になる?( 1号森本)

Kannon_2  私も特に伝説を気にして滝を巡ってはいませんね。しかし滝に伝説はつきもの。案内板に伝説がのっていれば、デジカメで撮って記録はしていますよ。
 その中で面白かった島根県江津市の「観音滝」の伝説をご紹介しましょう。

 「江戸時代中期の事、滝の近くに住む長者が、川にタバコ入れを忘れて帰った。それを思い出して取りに戻ったところ、竜が角にタバコ入れを引っかけて振り回しているのを目撃してしまった。姿を見られてしまった竜は怒り、夜な夜な長者の田畑を荒らし回った。困った長者は滝のほとりに観音様を安置して竜の怒りを鎮めた」

 …いや、もうね。タバコ入れを角に引っかけて遊んじゃう上に、怒ってなにをするかと思えば、田畑を荒らすって…イノシシじゃないんだからねえcoldsweats01。絶対この竜神が全国で一番「庶民的」だと思いますよん。

滝にまつわる伝説って気になる?( 6号てるりん)

滝の伝説とか、現地においてある看板があればとにかく見ますが、

すぐに忘れてしまう、てるりんです。

ってことはあまり気にしないということですね。

伝説をちゃんと語れる滝、私にはありません(^^;

滝にまつわる伝説って気になる?( 4号BAL)

Dsc_0240 静岡県「釜滝」

あってもなくても気にしません。伝説が書いてあれば来たついでに読むってだけで、今その時の滝を愛するだけです。

そんな中でも伝説スゲー!って思った滝を一つ。

大分県の「震動の滝」

龍神伝説のある滝で、この滝壷には龍神が住んでいると。
実際に滝壺に訪れてボケーっとしてたら、グワングワン・ゴウンゴウンと辺りから異様な重低音が鼓膜に響きました。
一体なぜそんな音が鳴っているか分からないし、かなり大きな音で体が震えるようなくらいだったものですから、「アワワワ…、龍神様が怒ってる! 滝壺にお邪魔したから怒ってるんだ! 伝説は本当だったんだ!」と私の体は恐怖で震えて慌てて帰りました。

続いては、伝説ではなくて、ちょっと面白い名の由来から。

福岡県の「菅生(すがお)の滝」

あまりにも凄い飛沫で、女性の化粧が落ちて素顔になってしまう事から、この名がついた。

女性の皆様! 訪れる時は覚悟してね!

あんまり関心はない伝説ですが、それをしっかり記憶していたおかげで、滝通選手権の時に「見帰りの滝」と答えられたのだから感謝してます。

そういえばその収録の時(1回戦の温泉)に、司会の山崎まさやさんが

「じゃあお前等はヨウロウのタキに行ってこい(笑)」

って僕らにツッコンだんです(どんな流れだったかは忘れました)

ご存知、百選「養老の滝」があるし、飲み屋の「養老乃瀧」もある(滝の水がお酒に変わった養老孝子伝説から命名されている)

本当の「滝」なのか、飲み屋の「瀧」なのか、一体どちらの「ヨウロウのタキ」を言っているのか判断が取れず、ポカーンと固まってしました。

山崎まさやさんはその空気が分からず

「ここ笑う所ですよ~」って引きつって愚痴ってました。

そこで、飲み屋の方だったのねって理解したという小話です。まぁカットされましたけど。

↑ちょっと分かりずらいような気がするので漫才風にしてみます↓

※一般的な場合

ドモ ヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノ ドモ

( `・∀・´)「僕ね、滝に行きたいんですよ!」

      (´∀` )「養老乃瀧に行って来れば?」

「飲み屋じゃねーよ!」( ‘д‘⊂ ))Д´) パーン

※滝オタクの場合

ドモ ヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノ ドモ

( `・∀・´)「僕ね、滝に行きたいんですよ!」

      (´∀` )「養老の滝に行って来れば?」

「岐阜は遠いわ!」( ‘д‘⊂彡))Д´) パーン

こ、こんな感じかな…? ますます分からないような…。

さてさて次々。

名の由来で言えば……

注意:ここから下ネタ!

長野県に「女陰の滝」がありまして、名の由来も「女性の神秘を漂わせている事から」ってあるものですから、それはもう性的な意味で出会うのを楽しみにしていました。

そして昨年、ようやくこの「女陰の滝」に訪問しまして、

ガッカリです。ただの綺麗な滝でした。神秘の欠片もありませんでしたよ。

これなら秋田県の桃ド…、おっと誰か来たようだ、それでは失敬!

滝にまつわる伝説って気になる?( 5号プラリネ)

heart04こんばんは、マイナスイオン系shineプラリネです(。・w・。 )

伝説ってけっこう好きですよgood

群馬だと、松井田の仙ヶ滝とか

南牧村の線ヶ滝摩耶の滝洞元ノ滝・・・

人影の滝とかが伝説ありますね。

でも、滝にまつわる伝説って、なんだか悲しいものが多いですよね。

恋がかなわず身を投げたとか、戦いに敗れて身を投げたとか。

うん、でも、あたしは「悲しい」を否定的にはとらえないんですよね。

誰かを想って傷ついたり泣いたり

想いがかなわなくて泣いたり

傷つけられて苦しんだり

・・・・・・・

泣いているひとの姿って、とても美しく見える気がするの。

純粋だから泣けるんだもんね。

だから「悲しいって美しい」って思ってます。あたしはね。

伝説があったら、滝の前に立って

頭の中でタイムスリップして、そのひとの気持ちになってみて

考えます。

そういえば、伝説でちょっと気になったのが

静岡県の鯉ヶ滝

Can809vf

案内にこんな伝説が書いてあったけど・・・

(写真で読めるかな???)

Caajg85v

およとねは、いいなずけがいたけど

別の男性と恋に落ちて・・・・

でも最後はいいなずけと仲良く暮らしたって・・・・・

およとねは、いいなずけのことちゃんと好きだったのかなあ

って、ちょっとよくわからないなあsweat01

って考えちゃいました。

恋に落ちた別の男性のことは・・・・?

と、まあ恋ものが多い伝説の中でもちょっと変わったドロドロした?

感じですね(^-^;

あっ、でも、悲恋だけじゃなく、幸せな伝説もありますheart01

群馬では摩耶の滝縁結びの滝などheart01

Maya (摩耶の滝)

縁結びの滝は、名前の通りですね((w´ω`w))

猿ヶ京温泉に行った際には、好きな人と是非お立ち寄りください゜.+:。(*´v`*)゜.+:。heart04

ハッピー滝ガールheart01プラリネ

滝にまつわる伝説って気になる?( 3号佐竹)

Dscn7022
(愛媛県・雪輪の滝)

観光地にある滝に行くと、その滝の説明がしてある
看板などを見掛けることがよくあります。一応目は
通しますが、いつも「ふ~ん、そーなんだ~」って感じ。
あんまり気にならないというのが正直なところです。

ちなみに有名な伝説がある滝はかなりの数に上る
はずなんですが、もともとあんまり興味がないので
よく覚えていません。が、養老の滝、音止の滝、
安の滝、大釜の滝などには確か有名な伝説
あったような…。

とまぁ~そんな感じですわ!やっぱりあんまり
気になんないッス!

(3号・佐竹)

滝にまつわる伝説って気になる?( 前振り)

滝には伝説がつきものsign03といってもいいくらい、
滝には色々な伝説があります。滝にまつわる話を
一つ一つ紹介していくだけでも一年以上は余裕で
毎日ブログが更新できるだろうなといった感じです。

以前ある滝の本で、滝の紹介と共に、その滝に
まつわる伝説や逸話を必ず併せて紹介している
滝の本
を見たことがあります。(というか実はその本を
持っています。)

そこでちょっとマジメに滝にはどんな伝説があるのか解説すると…

「滝壺にまつわる伝説」
滝壺に大蛇がいる、滝壺が底なしに深いといったような
滝壺にまつわる伝説はよく目にします。

「武将や戦いにまつわる伝説」
戦いに敗れた兵士が身を投げたといった話やこの滝には
歴史的人物の○○にまつわる話が…というような伝説を
目にすることも多いです。

「恋にまつわる伝説」
恋を引き裂かれた2人が…というような伝説もよく目にします。

「信仰にまつわる伝説」
滝は古来、信仰の対象となることが多いので、この滝は
○○というお坊様が・・・というのもよくあります。

~そんなこんなで明日からは滝にまつわる
伝説についてお話させていただきます。~

(3号・佐竹)

滝壺・滝直下への熱い想い(6号てるりん)

滝に行くなら遠くからよりも・・・。

滝つぼが見たい~とか、

飛沫浴びられるくらいに近寄りた~いとか、

私の能力で行ける範囲であれば、その想いはもちろんあります。

滝壷・・・泳ぎには自信がありませんので、深くないとこなら。

滝直下・・・近寄れるとこはサイコーですね。裏見とかだともっと嬉しいhappy01

最近、他の趣味やらで忙しくてなかなか滝に逢いに行けません。

これから暑くなるし、更に滝が恋しい、飛沫が恋しいという季節になりますねheart04

時間作って行こ~っ!

滝壺・滝直下への熱い想い(5号プラリネ)

恋する滝ガール☆プラリネですlovely

恋をすると、近づきたい、触れたい、感じたい・・・・・

それと同じなんです。

滝を目の前にすると

できるだけ近づきたいheart04モジ(((*´ε` *)(* ´З`*)))モジ

一番近づいて、一番あなたを感じられる場所が

滝直下、滝つぼです。

Ca7s3jbl

あなたの水しぶきを浴びると

自分でいうのもなんだけど(笑)(*´ェ`*)sweat01

一番素敵な笑顔になれますshine(/ω\)ハズカシーィ

Cava5qi4

滝つぼは、流れ落ちる幾つもの筋がひとつに重なる

美しい場所。

あなたの中に入って

あなたの強さや優しさ、想いを感じられることが幸せ。

Ca4chzee

汚れたものばかり見てきたあたしに

本当の純粋さを教えてくれた。

純粋に誰かを想ったり何かを想ったりすることが

こんなにも幸せだと教えてくれた。

あなたに出会えてよかった。

滝つぼに入り、滝直下であなたに包まれると

涙がでる。

生きてるんだと感じる。

このうえない幸せ。

ありがとう。

好きです。大好きです。愛してます。

☆プラリネ☆

滝は逢いに行くものです。断じて見に行くものではありません(1号森本)

 滝は愛にいくもの…じゃなかった、今回のテーマは滝は逢いに行くものですね。確かにその通りです。滝に行けばまずは挨拶しますし、帰るときはお別れの言葉をかけて帰りますし。

 観光滝で周りに人がいるときは、さすがに声には出せませんが、頭の中では必ず挨拶していますよ。

 挨拶の他にも結構雑談しちゃいますね。こんないい場所なのに二人っきりで悪いね−、とか、観光客が多くて大変だね、とか、また回りが開発されて苦労してるね、とか、遠望するしかないときは遠すぎて寂しいね、とかとか。

 滝って風景の中では特殊な存在なんですよね。静かな山の中にあって、唯一躍動的というか。だからこそ、昔から信仰の対象になったりしているのでしょうけど、私たちのこの「滝に逢いに行く」っていうのも、それと考え方は同じなんでしょうね。

 山も山頂に祠があったりして信仰の対象になっていますし、山自体が神様だったりもしますが、山頂に行って祠に手を合わすことはあっても、話しかけるって言う事はないんですよね。広すぎてどこに話しかければいいのかわからないって言うのもあります。その点、滝ははっきりとした存在なので、ついつい話してしまうんでしょうね。

 あ、ちなみに普段の会話では「滝に行く」って言いますよ。ただ、ここに書いたとおり、心の中では「逢いに行く」気持ちなので、このブログなどではそういう表現にしています。

 さて、今度はどこの滝に逢いに行こうかな。

滝は逢いに行くものです。断じて見に行くものではありません(6号てるりん)

この意味の違い、私には理解しきれず、

国語力がないなぁ~と実感してしまいましたcoldsweats02

簡単に言えば、滝のほうから、滝がある観光地から見に来てね~と言われて、

そう、見に行きます・・・っていうのが見に行くってことですね。

ってことは、PRされている訳でもないのに、こっちから見に行くってことが、

逢いに行くと解釈していいってことですね。

そうなると、私も滝に逢いに行く人ってことですね。

初歩的な書き込みですが、失礼します。

滝は逢いに行くものです。断じて見に行くものではありません(4号BAL)

実際に会話している訳ですからねぇ。

んな馬鹿な…、とツッコミをいれる人もいると思いますが、滝好きなら分かってくれるはずです。滝好きなら、頷いているはずです。ですよね?

でも、展望台やら柵で規制されている滝は、「見る」で正しいと思います。
東京ドームで野球を観戦したとして、それで野球選手に会ったと熱く語る人はいないでしょう? それと一緒です。

芸能人とだって、握手したり挨拶を交わしたりして、初めて会ったと言えると思いますけどね。
滝壺の渕に立ち、挨拶をし、飛沫に触れる。これが滝に会うというものです。

観光地の滝でも飛沫を与えてくれますけど、いかんせん人が多くて滝さんも中々こちらの相手をしてくれない。滝さんは色々と振る舞わないといけないから忙しそう。滝さん良い人。

だもんで人知れず水を落とす滝さんに会いに行くんですよ。

私に集中してくれて、たくさん会話できて楽しいです。

そうやって会話しているにも関わらず、見たという言葉を使うのは変ですよ。

芸能人といえば……、

ささやかな自慢ですけど、浅香唯とバドミントンした事があります。
あと、高橋名人とドッチボールも。16連打は見てないですけどね。

ブログ開設22ヶ月(1号森本)

 開設22ヶ月…ゾロ目記念ですね(意味不明)。それにしてもこのブログ、2年近くもの長い間、当初の予想を超えてよく続いている物だなあと感心します。…って、当事者が感心してはダメですねsweat01
 さて、せっかくの22ヶ月記念ですが、なんと、今年、私はまだ一カ所も滝を訪れていないんですね。まあ、地震から精神的に回復してない、滝への道中に余震で落石されると困る…等々の理由があるのですが、ちょっと困ったものですね。でも、連休開けぐらいからボチボチ遅い始動を始める予定です。
 おっと、話が個人的な事に脱線してしまいましたが…とりあえず、これからもこのブログをよろしくお願いいたしますcoldsweats01

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

日本の滝百選マップ(地図)

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック