フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 滝巡りの先駆者で尊敬してる人っている?(5号プラリネ) | トップページ | 滝巡りの先駆者で尊敬してる人っている?(4号BAL) »

ブログ開設21ヶ月(4号BAL)

計画停電の対象地域ですが、何故か未だに一度も停電なし。節電に気を配り、家ではあまりPCを開けなくなりました。

でも仕事の時には結構影響受けてまして、事務所が真っ暗になって何も処理できない時もあり、思うように捗らない現状です。信号の消えた交差点を通過するのは怖いですね。我関せずスピード落とさずに突っ込んでくる車にヒヤッとすることもしばしば。電灯の消えている夜の街を歩くのは不気味で心臓が高鳴ってしまいます。

滝用で使っているヘッドライトをカバンに忍び込ませて通勤している毎日です。

21ヶ月と言われてもあんまりピンと来ないですね…。何を書いてよいか分かりませんが、言える事は「いつもご覧になっている皆様、貴重な時間を割いてこのブログをご覧頂きありがとうございます」ってだけです。

地震について触れます。

その日、私は仕事で車を走らせていました。休憩を兼ねてコンビニに駐車した時、それはやってきました。ちなみに場所は埼玉県の幸手市。江戸川沿いの道が陥没した場所の近くです。

最初は震度3位でしょうか。車体が揺れて風かな?って思ったけれど周りの木々が揺れていないので地震と判断しました。ああ、揺れてるなって程度でしたが、その後に突如として跳ねる様に車が前後に揺れて、体が持ち上げられました。

隣の車も今まで見たことのない動きをしています。

何よりも驚いたのが、目の前に高く聳える送電線の鉄塔が狂ったように踊り、送電線が縄跳びかのように跳ね回っている姿。想像の範疇を超える光景が目に入り、とても現実とは思えませんでした。

揺れが治まっても体の高鳴りは沈まず。それでもカーナビのテレビを付けて確認。その地震の大きさに絶句しました。

家族に電話しても当然ながら繋がらず。こんな時の災害ダイヤルがいくつだったか覚えておらず、災害時の備えを疎かにしていた自分に苛立ちを覚えました。

電話は繋がらないものの、インターネットは素早く接続され災害ダイヤルを検索し、無事に入力は完了。ただし家族の安否は分からず。

テレビを見ると津波が街や車を飲み込んでいる映像が映し出されていました。

一刻も早く家族の下へ。それだけしか考えず車を走らせました。東北道は閉鎖、下道を走る中で、ようやく妻と連絡が取れ、娘も無事なことを聞き一安心。

会社の事務所に到着。電車が止まっているのを耳にし、社用者で帰宅を許されたのでそのまま自宅まで車を走らせました。その点では帰宅難民にならず幸いだったと思います。

自宅の被害は本が床に落ちた程度でほとんど影響はありませんでした。妻と娘の顔を見れてここでようやく一息付けました。

その日の夜は家族3人、リビングに布団を敷いて「川」の字で就寝しました。

テレビで見た津波の脅威は目に焼き付けられ、未だ憎いとしか思えません。

しかし、その水の形を変えた存在が滝。

活かす水であり、奪う水でもある。

滝が好きでいいのか? 考えさせられました。

現状の結論としては、嫌いにはなれない存在と判断しています。

早く「好きだ」と言える日常に戻りたいですね。

節電・義援金、出来る事の協力は惜しまず。復興を祈っています。

がんばれ東北、がんばれ日本。

« 滝巡りの先駆者で尊敬してる人っている?(5号プラリネ) | トップページ | 滝巡りの先駆者で尊敬してる人っている?(4号BAL) »

4号BALの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233342/38716862

この記事へのトラックバック一覧です: ブログ開設21ヶ月(4号BAL):

« 滝巡りの先駆者で尊敬してる人っている?(5号プラリネ) | トップページ | 滝巡りの先駆者で尊敬してる人っている?(4号BAL) »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック