フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« どのようにしてザイルワーク等を習得したのか?(前振り) | トップページ | どのようにしてザイルワーク等を習得したのか?(1号森本) »

どのようにしてザイルワーク等を習得したのか?(4号BAL)

昨今はYOUTUBEで「懸垂下降」と入力すると、簡単に動画が見れるので勉強になります。

基本的には良き指導者に教えを乞うのがベストでしょう。生兵法、怪我の元ですから。

さて私の基礎はクライミングジムですかね。
初心者レッスンを受けて、道具の使い方や体の動かし方、注意点などを親切丁寧に教わりました(先生が若い女性だったのもGOOD!!scissors

「とりあえず登ってheart01

そう先生に言われて、ドキドキしながらえっちらおっちら10m壁を指先・足先だけで登って、てっぺんに来たら「テンション!(ロープ張ってという意味)」と叫びます。

すると下にいる先生がロープを引っ張ってくれて、ちょっと腰が浮く感じ。
そして先生は明るい声で言いました。
「じゃあ手を離して~heart01

無理じゃぁぁあ!

ロープで体を確保しているから大丈夫なのだと理解は出来てます。でも落っこちてしまうって恐怖心は拭い切れないです。
ドキンコ鳴る心臓。

「どうぞ~、腰落としてね~heart01

先生…、そんな可愛い声で言わないで下さい。
ここで固まってたって仕方ない。自分の為にも(先生に幻滅されたくない)ここは度胸一発! はぁ!

っと手を離しても、落ちない! 凄い!

スルスルとロープが滑り、体はゆっくり地面に向かう。凄い!
でもまだ怖いようで無意識に目の前にあるホールド(人口岩)を掴んでしまい、溺れている人の気持ちを理解しちゃう。

半分ほど降りるとロープが頼もしくなり、すっかり安心して体を預けられました。すると映画などで見るSWATの動きや「腰を落としてheart01」の意味が分かり、これが懸垂下降なのだと体で理解できました。

クライミングジムにはベテランさんも登ったり下降したりしてますので、それを見るだけでも体の動かし方の勉強になります。教えたがりの爺さんに捕まって「そうじゃないよ! こっちを掴むんだよ!」とか言われてうんざりした点もありましたが、それはそれで糧になってます。

他には出版社「山と渓谷社」から発行されている「沢登り」と「アルパインクライミング」のマニュアル本をじっくり読んで、家でロープの結び方とかを地道に練習してました。

あとは仕事上のお客様で岩登りを専門にしている方がいて、仕事そっちのけで2時間ほど道具の使い方を指導受けたりもしましたね。

お勧めはクライミングジムです。道具はレンタル出来ますし色々教えてくれますし、とても楽しい運動になりますよ。

609_3 ←懸垂下降している私です。

Dsc_0150 先日ご対面した群馬県の「中止の滝」。天然の氷の彫刻はマジ格好いいです。

« どのようにしてザイルワーク等を習得したのか?(前振り) | トップページ | どのようにしてザイルワーク等を習得したのか?(1号森本) »

4号BALの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233342/38537664

この記事へのトラックバック一覧です: どのようにしてザイルワーク等を習得したのか?(4号BAL):

« どのようにしてザイルワーク等を習得したのか?(前振り) | トップページ | どのようにしてザイルワーク等を習得したのか?(1号森本) »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック