フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 秘瀑に挑戦する際の装備と心構えについて(前振り) | トップページ | 秘瀑に挑戦する際の装備と心構えについて(1号森本) »

秘瀑に挑戦する際の装備と心構えについて(4号BAL)

師匠である森本さんに装備と心構えを教わった身なので、おおくは語れませんけれど

とにもかくにも「備えあれば憂いなし」の一言に尽きると思います。

装備については2009年12月20日の記事で書いてますので、そちらをご参考にして貰えると幸いです。

自分は色々痛い目にあって、それを反省して色々道具が増えていきました。

有名な秘瀑「早戸大滝」にコンパクトカメラを片手にスニーカーで突撃し、足をくじき、引き摺りながら帰ってきたという痛い過去があります。

それ以来、登山靴を用意し、衣服にもある程度こだわる様になりました。

有名な秘瀑「双門の滝」にコンパクトカメラを片手に登山靴で突撃し、遭難し、何とか車に戻れたと言う痛い過去を持っています。

それ以来、登山地図とコンパスを携帯し、食料・飲料を用意するようになりました。

そうやって今に至っています。帰って来れているのが救いです。

油断せず、常に慎重。車と同じで「かもしれない運転」で行動すれば危険を回避できますよ。

« 秘瀑に挑戦する際の装備と心構えについて(前振り) | トップページ | 秘瀑に挑戦する際の装備と心構えについて(1号森本) »

4号BALの記事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秘瀑に挑戦する際の装備と心構えについて(4号BAL):

« 秘瀑に挑戦する際の装備と心構えについて(前振り) | トップページ | 秘瀑に挑戦する際の装備と心構えについて(1号森本) »

日本の滝百選マップ(地図)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック