フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

もしも本籍地を移すことになったら、どの滝の所在地に移す?(4号BAL)

どこの滝?
ナンバーワンの滝を決められないので、一つに絞るのは難しいですが、
強いて言うなら

群馬県吾妻郡草津町大字草津字白根国有林内

常布の滝ですね。

この滝には思い入れたっぷりですから、私にとって特別な滝の一つ。
以前あった温泉も入れなくなってしまいましたし、観光地化され始めていたりと秘境では無くなりつつあるのが悲しい所です。
この滝に、人の手が加わらない事を祈ります。

ちなみに、私の現本籍地は

大分県日田市天ヶ瀬町

この天ヶ瀬町には桜滝という良い滝があります。
駅から歩いていけるお手軽なのでお勧めです。天ヶ瀬温泉も有名ですから、温泉ついでにどうぞ!

Dscf4762

もしも本籍地を移すことになったら、どの滝の所在地に移す?(2号大藤)

まずは本籍地を、好きな滝が多い秋田県(安の滝等)に移し、

層雲峡と西表島に別荘がベストですかねscissors

そんな夢のような生活を送りたいったら送りたい!!

もしも本籍地を移すことになったら、どの滝の所在地に移す?(3号佐竹)

私たちは「時に滝好き」「時に滝通」「時に滝マニア
などといわれますが、最上級の誉め言葉は『滝バカhappy02
ではないでしょうか?そんな滝バカな私が本籍を移すと
したら・・・


〒018-4731
秋田県北秋田市打当国有林地内に
本籍地を移します。そうです『安の滝』の滝壺です。


Dscn1451 (安の滝)


秋田県は滝だけではなく、温泉spaもいいし、食べ物restaurant
いいし、もう言うことはないですね!いやぁ~善は急げ!
ってことで明日にでも役所に行ってこようかな(笑)

もしも本籍地を移すことになったら、どの滝の所在地に移す?(前振り)

皆さん、本籍地って簡単に移すことが
出来るってご存知でしたか?

何でも縁もゆかりもなくても全然
問題なくオッケーscissorsなんだそうです。

ということで明日からはもしも
シリーズの第2段scissorsとして我々4人が

『もしも本籍地を移すことになったら』

というテーマをネタにそれぞれが思う
ところをお伝え致します。

もしも滝通選手権の第2回が開催されたら連覇を狙う?(1号森本)

狙いますよ。だってshineディフェンディングチャンピオンshineですからsmile

私は誰の挑戦でも受ける!

Photo_2

なーんてねcoldsweats01。まあ正直、二回目があったらどうなるかわからないですよsweat01

…それはまあともかく、またやるのなら、今度は遠くの滝に連れて行ってもらおっと(笑。

もしも滝通選手権の第2回が開催されたらリベンジを狙う?(4号BAL)

チャンピオンにはなれないと理解しているので、リベンジは狙えません。

滝を愛する気持ちも含め全てにおいて、チャンピオンに勝るものは一つもないと思ってます。
TVチャンピオン収録時、2回戦の「秘境の滝」で1番の点数が取れれば、決勝も波に乗って勝てるかも知れないと考えてました。
結果は2回戦も森本さんがトップ。
その時点で決勝をやらずして「負けた」と悟りました。

以後は森本さんと一緒に滝巡りをするようになりましたが、教わる事ばかり。
師として仰いでいます。ホント凄い人です。

それ以外にも滝仲間と沢山巡り合い、「私ごときが滝を語るのもおこがましい」と思える程に熱い方々ばかりで、いつもいつもその方々の背中を見て進んでいるように思います。

もう一度TVチャンピオンをやるのなら、是非とも滝仲間が出場し、森本さんと熱いバトルをして頂きたいですね。

でも「秘境の滝」は魅力だなぁ。なにせ無料で北海道に行かせてくれるのだから。
空港内をゼッケンを付けて歩くという羞恥プレイ付きですけどね。

もしも滝通選手権の第2回が開催されたらリベンジを狙う?(2号大藤)

もちろんリベンジ狙いますscissors

但し前回とは違い、自らのレベルは理解しているので、

大口をたたいて初戦敗退のような結末にはならないように。。。coldsweats01

もしも滝通選手権の第2回が開催されたらリベンジを狙う?(3号佐竹)

さて『もしも滝通選手権の第2回が開催されたら…』
ということですが、私は絶対に出場をしません。(キッパリ!)

というのも、前回はSNSのmixiでたまたま「滝」を
テーマにしたコミュニティの管理人をしていたことから
出場の打診があり、大した実力もないことは自分
自身が十分に分かって知っていたにも関わらず、ただ
テレビtvに出てみたいupというミーハーな気持ちに
負けて出場をしてしまい、結果、一人で滝通選手権の
出場者のレベルを下げてdownしまったという後味の悪い
後ろめたさに苛まされるdespairことになってしまったからです。

それ以降、私は、その「後ろめたさ」からそれまでの
「単なる滝好き」から「滝通」になるべく精進を重ねる
ことを余儀なくされました。

また「大した実力もないくせに滝通としてテレビに出てしまった」
という反省と後悔sadから、一般的にはコアで極めてマイナーな
shine滝の魅力shineshine滝の素晴らしさshineを発信し続ける
ことでせめてもの罪滅ぼしをしようと思ってこのブログを日々
更新したり、滝のトークイベントを企画したりしています。

まぁ~あの頃に比べれば自分自身でも格段にレベルアップup
をしているとは思っていますが、いずれにしても世の中には
上には上がいますし、私なんかと比べたら本当にスゴい人達は
まだまだ大勢いますので、私ごときが再び出場することは絶対
にありませんね。

以上、これまでにBALさんと森本さんにしか話したことがない、
結構真面目なカミングアウトでした。


(3号佐竹)

もしも滝通選手権の第2回が開催されたら(前振り)

Taki2011

実は、我々4人を滝通として世に送り出して
くれた「テレビ東京」の『TVチャンピオン』
2008年 9月18日をもって放送終了となって
しまいましたので、残念ながらweep滝通選手権の
第2回が開催されることはありません。

しかしながら、明日からは「もしもシリーズ」
第1段rockとして『もしも滝通選手権の第2回が
開催されることになったとしたら…』
ということを
テーマにして私たち4人の出処進退(決意?)を
述べさせていただきます。

もしもシリーズ!?

話はいきなり脱線しますが、昔、happy02ドリフ大爆笑happy02
(ドリフを知らない年代の方はすいません)で

『もしもシリーズ(もしも○○だったら)』

というのがあり、私はかなりのお気に入りheart04
だったことを思い出しました。そこでこのブログ
でも(ネタがかなり厳しくshockなってきたこともあり…)

もしもシリーズを始めたいと思いますので、
どうぞ宜しくお願いします。万が一、大脱線
大妄想をしたとしても暖かい目で見ていただけると
幸いです。

もしもシリーズのネタ大募集!

このところ、ブログのネタが

shock思い浮かばずshock

非常に苦しい想いをしていましたが、
ちょっといいこと(ネタ)を思い付きました。

それは非現実的typhoonなことも含めて

もしも○○だったら』という

テーマを定めて、それを我々4人で
面白おかしくネタにしてみようというものです。

具体的には以下のようなネタを思い付きましたが、
日頃このブログをご愛読いただいている皆様からも
ぜひ『こんなもしも』をネタをしてほしいというものが
ありましたら(妄想大歓迎)奮ってコメントをして
いただけると幸いです。


~もしもシリーズのネタ~


もしも・・・
滝通選手権Ⅱが開催されたら
       リベンジを狙う?(連覇を目指す?)


もしも・・・
自分で日本三大名瀑を選べるとしたら

もしも・・・
ドラえもんの四次元ポケットがあったなら

もしも・・・
まったくの滝初心者に「今度
       滝に連れてって」と言われたら

もしも・・・
明日地球が滅びるとしたら
       最期にどの滝に逢いに行く

もしも・・・
日本の滝百選を一から選び直す
       としたら選定委員に立候補する?

もしも・・・
滝の本を出版することになったら

もしも・・・
滝ブームが到来したら

もしも・・・
私か滝のどちらかを
       選んで!と迫られたら

滝の動画って撮ってる?(1号森本)

 静止画だけだと、どうも滝の魅力を残しにくい感じがして、動画も一緒に撮っています。昔はカメラと別にビデオカメラを持っていましたが、今はデジカメに動画撮影機能がついているので便利ですね。画質もそこそこですし。

 動画の利点はなんと行っても「音」earそして「水の動き」typhoonの二点ですね。実際に滝へ行って、この二つがない状態を想像してみてください。それはもう滝ではないでしょう。だから私は動画も撮り続けるのです。

滝の動画って撮ってる?(4号BAL)

数える程度しか撮ってないですね。

水の流れに変化がある分岐瀑の滝でたまに撮影する位です。

デジカメデビューした時には、ムービー機能を利用して「写真だけではなく動画でも記録していこう!」って考えていました。
しかし、いざ滝を目の前にすると夢中でシャッターを切り満足してしまい、動画撮影を忘れたまま下山し、車に戻ったときにやっと思い出す始末。

写真撮影だけで心は満たされてしまうので、スッパリ動画の記録は諦めました。

撮影するのが目的で滝に訪れている訳ではないので、諦めるのも簡単でしたけれど。
HPにアップするのも容量食っちゃいますので、掲載する予定もないです。

ムービー機能はほぼ子供の撮影として利用してます。初めて寝返りした時の動画は宝物です。
ちなみに、昨年の写真枚数を計算した所、子供の写真よりも滝の写真の方が3倍くらい多かった。
あまり良い父親とは言えんな~。

滝の動画って撮ってる?(2号大藤)

滝の動画を撮ってるかと聞かれれば?

即答で、撮ってませんと答えられますscissors

しか~し!滝ナイトでの、モリモトさんの動画に触発され、

滝動画も良いもんだと思った事も事実。

もうすぐ春。

滝活動2011もスタートするので、今年は動画も撮ってみようかなと思います。

滝の動画って撮ってる?(3号佐竹)

過去に2回開催した滝のトークイベントでも
shineチャンピオンshine(森本さん)はやっぱり
shineチャンピオンshineでした。

Taki21

イベント当日は各々がそれぞれに滝通の意地punch
プライドimpactrockによりをかけたプレゼンをしたの
ですが、そんな中、ただ一人動画を駆使してのプレゼン
テーションをしたのが、森本さんだったからです。

本来『動きと音』がある滝を静止画で表現を
するのには自ずと限界があります。その限界を私は
happy02流暢で品のあるペシャリhappy02で必死に補おうと
試みましたが、森本さんは『動画を駆使』するという、
当時、私にはまったく思いもよらなかった手段を用い
ました。もちろん大好評だったのはいうまでもありません。

森本さんのプレゼンが終わった後に思わず「あれ(動画)は
反則poutですよ!もう次からは動画は禁止ですよ!」なんて
冗談をいったくらい動画を用いたプレゼンは非常に
インパクトがあり、圧倒的な内容になってました。

その後、森本さんに「動画を撮るためにビデオカメラを
いつも持って滝巡りをしてるんですか?」と聞いたところ
「いえ、デジカメcameraで動画を撮っているんですよ」といわれ、
私もこれからは滝に行ったら森本さんを真似て動画を
撮ろうとその時は思ったのですが…。

結局、その後も動画を撮ることはほとんどしていません。
何でかなぁ~。きっと写真を撮る以上に、そして想像
以上に時間を費やしてしまうのと、実際には動画を
撮っても見ることがほとんどないからかなぁ~。

(3号佐竹)

滝を撮る時に三脚って使うことある?(2号大藤)

基本的に使用します!

但し、滝好きではない方との訪問の場合、

やはり時間をかけられないので、三脚無しで撮影しますが、

なかなか思い通りには。。。

最短ブログ内容更新かな?!

滝を撮る時に三脚って使うことある?(4号BAL)

三脚は必須です。

刀には鞘が必要なように、セットの物だと思っています。

水を流して撮りたいと思ったら、三脚がないと手ブレを起こしてしまいますから。

しかし最近のカメラには手ブレ補正機能がついているので、頑張れば(脇を締めて息を止めて気合いで撮影)1/8でも綺麗に撮れます。まぁその場合やはり失敗写真が多いですけど。

気を張らずのんびり撮影するにはやはり三脚をドン!と置かないと落ち着かないので、ザックの脇にいつも括り付けています。

更に言うと、家を出発するときも「三脚よし!」の指差し確認は欠かせません。それだけ重要な道具の一つです。

デメリットは重い、大きい、取り出しが面倒という点でしょうか。
更に藪漕ぎをする場合、三脚が引っ掛かって立ち往生してしまうのも欠点の一つです。

滝以外でも夜景撮影や家族旅行の集合写真にと大変役立っています。

滝を撮る時に三脚って使うことある?(1号森本)

 滝は暗い所が多いので、ほとんど三脚を使っていますね。ただ、sunよく晴れた日sun豪瀑だと、高速シャッターの方が迫力が出るので、手持ちでバシャバシャ写します。そのほうが臨場感も出るような気がしますし。

 反対に岩を伝って流れるような滝だと、三脚でスローシャッターの方が綺麗に取れますし、実際の雰囲気にも近い画が撮れるとおもいます。

 まあ何にせよ、三脚を持たない滝巡りはないですね。でも、軽くて頑丈な三脚ってないかしら。何時間も歩く事が多いので、重いんですよねcoldsweats01

滝を撮る時に三脚って使うことある?(3号佐竹)

ありません。

なぜなら…

私は…

ワタシは…

わたしは…

たわしは…


happy02三脚を持ってないからです!bleah

ところでカメラにこだわりはある?(1号森本)

 サブ機のコンデジはともかく、メインカメラに対しては、もちろんありますよ。それは「一眼レフ」であること。「一眼」よりも、この「レフ」が重要なんです。「レフ」というのはカメラ内部の反射鏡の事。レンズを通った生の映像がファインダーから覗けるのが「一眼レフ」最大の特徴です。コンデジや最近はやりのだだの「一眼」カメラだと、映像を液晶モニタで見る事になるので、微妙なピント合わせや、細かな対象の確認などが難しいのです。だから「一眼レフ」だけは絶対に譲れないのです。

ところでカメラにこだわりはある?(4号BAL)

それなりにあります。

今年中に一眼を購入しようと思っています。

性能云々、レンズ云々になってくると莫大な費用になってしまうので妥協しますが。

それと、レンズの入れ替えは面倒ですし、収納が限られてるザックの中にレンズ2本も入れる余裕はないので、望遠も使えるズームカメラで十分かな。

キャノンの水の白さは好きなんですよね。
でもペンタックスの防滴防塵にも惹かれています。

悩む、大いに悩んでいます。

余談ですが、滝撮影のシャッター速度は1/8がベストと言われていますが、私は1/15位が好きです。
水の形を流しすぎず、ちょっと動きがあった方が躍動感を表現出来ている気がします。
これは完全に好みの世界ですね。

ところでカメラにこだわりはある?(2号大藤)

正直特に無いんですよね、、、coldsweats01

という事で、答えはこだわり無しって事で!

Photo

まだインスタント時代の「虹見の滝」

ところでカメラにこだわりはある?(3号佐竹)

2010030418210000_2

私はカメラcameraの機能や性能や画素数などには
何のこだわりもありません。

ぶっちゃけどーでもいいです!

そんな私がこだわっているのは、ただ1つ!
それは専用の充電池ではなく、単3の電池が
使えるタイプのカメラかどうかという1点のみ!

だって…昔から充電池って何か信用できないん
だよね。電池切れになったらどうしようって考えたら
とっても心配で夜も眠れなくsleepyなっちゃうし、実際に
電池切れなんかになったらシャレになんないし…。

ということで…、私は終始一貫してデジカメcamera
単3の電池が使えるタイプのものを選択し続けて
います。これなら電池が切れても交換すればいい
だけなんで、とっても安心です!ちなみに私は
滝に行く時はいつも不測の事態に備えてデジカメを
4台に予備の電池を10本もhappy02持っていく心配性の
小心者です。

それと、カメラを水に濡らしてしまい、ダメにして
しまったことが過去に何度もあるので、一応最近
では防水用のカメラも1台持ち歩くようになりました。

あと、こだわりといえばもう1つ。これは最近の
デジカメcameraでは基本機能となっているのかも
知れませんが、必ず連写機能が付いている
ことが私にとっては非常に重要です。私は
カメラcameraの腕にはまったく自信がないので、
滝に行ったらとにかく連写モードで滝を撮りまくり
ます。要は下手な鉄砲も数打ちゃ当たるですね。


※ちなみに滝とは違いますが、以前こんなものを
  連写モードで撮ってホームページでアップしたら
  何と!shine雑誌に載ってshineしまいました。

  こんなもの

持っているカメラについて(2号大藤)

滝に行く時は、カメラは2台。

どちらもキヤノンです。

5年前に購入のPower Shotと、

2年前に購入のEos Kiss

滝巡りを始めた頃はインスタントカメラだった事を思えば、

かなり進歩したとはいえ、周りにはカメラに関しても猛者ばかりcoldsweats01

レンズ等購入したいとは思うが、予算なく。。。

しばらくはPSちゃんとEKちゃんと、供に歩みますrun

持っているカメラについて(4号BAL)

自慢出来るカメラではないので型式などは伏せます。ごめんなさい。
元々フィルム一眼を使ってまして、それから買い換えたデジカメはやはり一眼に比べて質が落ちますね。
自由度は少ないし、色合いはハッキリしないし。

西表に行く時に、カメラを新調しウキウキ気分でマリュウドゥを撮影した所、カメラの悪さにテンション下がっちゃいました。
かと言って更に買い換える予算もないので、現在も頑張って使ってます。

やっぱり一眼はいいなぁ。買いたいなぁ。

ちなみに、滝に行くときはちゃんと撮る用のデジカメと、記録用のコンパクトデジカメを用意してます。
カメラは機械ですから、壊れる可能性もあるので保険としても2台あると安心。
記録用のコンデジはベルトにホルダーをセットし、すぐに取り出せるようにしてます。
最近の登山ザックはカメラポケットが付いているものもありますね。ちと欲しいです。
それと、今まで出発・到着の時間をメモ紙や携帯にいちいち記録してましたが、デジカメは撮れば時間も記録してくれるので、手間要らずになりました。

高性能な防水カメラも出てますし欲しいものだらけですが、それらを購入すると滝に行く費用がなくなってしまうので我慢してます。
私にとって、滝は対峙するものであって、撮影が目的ではありませんので。

持っているカメラについて(1号森本)

 カメラはたくさん持っていますが、現役で活躍中なのは写真左のNikonD90と中央のコンデジ防水カメラPentaxOptioW60の二つですね。主力はもちろんD90ですが、道中のメモ代わりや、滝壺からのびしょ濡れ撮影などの場合はW60が出番となります。コンデジを道中に胸ポケットに入れておくと汗だらけになるし、防水パックが不要で川に浸かれるので、このカメラはすごく便利です。今年は各社から色々な防水カメラが発売されてきましたので、なんか新しいのを衝動買いしてしまいそうです。

 でも、あくまでも主役はD90。レンズも超広角から望遠までそろえて、あらゆるアングルからの撮影が可能です。飛沫で濡れる事が多いので、カメラにとっては過酷な条件なのですがcoldsweats01

 ちなみに写真右側はデジタルに移行する前に使っていたNikonFM2です。この前にもNikonFMを使っていた時代があります。というわけで、その流れでいまでもNikon派なのですね。

Photo

持っているカメラについて(3号佐竹)

2010030418210000

私はカメラcameraの機能や性能や画素数
などには何のこだわりもありません。

なので、そんな私が持っているカメラを
紹介するといっても、何の面白味もないと
思いますが、一応写真に撮ったものを
アップさせていただきます。

何で4台も持っているかは次の記事で
ご報告させていただきます。

(3号佐竹)

滝と虹について(1号森本)

 …これほど滝に似合う飾りは他にないですよね。でも、他の方々も言っておられるように、簡単に見られる物でもありません。

 虹というのは当然太陽を背にして反対側にできます。なので、東向きの滝なら朝、西向きの滝なら夕方に行けば見られる可能性はグッと高くなります。その他の向きの滝でも、朝か夕方に行くと見られる事があります。お昼前後は太陽の高度が高いので虹を見るのは難しいです。

 というわけで、もし虹を見たいのなら計画を立てて滝へ行ってみましょう。

Photo_4
嶽谷滝(岐阜県)

滝と虹について(4号BAL)

滝に会う時の嬉しい条件は、

水量が豊富で

青空(太陽)が出ている

ではないでしょうか。

この二つの条件が揃って初めて虹が現れます。

美しい虹を着飾る滝は、とても気分屋さんで引っ込み思案です。

ですので、その姿を現してくれた時は、滝が私を認め心を開いてくれた様でとても嬉しくなります。

どうやら私はあまり滝に認められていないようですけど。

晴れ男・晴れ女! 羨ましいぞ!

Dscf7115 秋田県 二天の滝

滝と虹について(2号大藤)

滝と虹を見るとなると、

滝だけを見る事以上に、天候に左右されるし、

滝の向きによっては、虹が見れない滝もある事を考えると、

二つを同時に見れる事は、本当に幸せです!

Photo

ブログ開設8ヶ月!

おぉ8ヶ月!
1周年が近づいて来ましたね。
だいぶ暖かくなりまして、新緑が待ち遠しい季節です。
早く緑豊かな滝に出会いたいとウズウズしております。

最近の新聞で読んだコラムの中に

テストで『氷が溶けたら何になりますか?』という問題が出た。『春になる』と記入したら×だった。

というのがありました。これは面白いですよね~。私の気持ちもその通り。
躍動感があり、新緑に彩られた滝を感じたいです。

あ~春よ来い!

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

日本の滝百選マップ(地図)

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック