フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 飛沫への想い(1号森本) | トップページ | 飛沫への想い(3号佐竹) »

飛沫への想い(4号BAL)

飛沫を浴びないと滝に会った気がしない。

それが僕の滝論です。

ですので飛沫の少ない滑滝や落差の低い滝は、あまり関心を持てないんですよね。

逆に大きな滝は物凄い飛沫を放出してくれるので大好きです。

滝の写真を見る時は「ここの飛沫は凄そうだ!」と判断できる滝を探しています。

そして実際に滝に会い、飛沫に触れてしまうともう止まらない。

無我夢中で滝に近づき存分に飛沫を堪能します。

その時に写真を撮っていますが、カメラが濡れるの関係なく飛沫の前で取り出してしまいます。

私の性分の場合、防水カメラは必須ですね。カメラを買い換えようと悩み中です。

Img_2564 宮崎県 祇園の滝

« 飛沫への想い(1号森本) | トップページ | 飛沫への想い(3号佐竹) »

4号BALの記事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛沫への想い(4号BAL):

« 飛沫への想い(1号森本) | トップページ | 飛沫への想い(3号佐竹) »

日本の滝百選マップ(地図)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック