フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 滝の音を言葉で表すと…(2号大藤) | トップページ | 滝の音を言葉で表すと…(1号森本) »

滝の音を言葉で表すと…(4号BAL)

すでに言葉として「轟(ゴウ)」と前回に載せておりますので、そこはちょっと置いといて、音について感じることを語ろうと思います。

まず、滝好きは轟音にはとても敏感だと思っています。当然ですね。

例えば車を走行中に、轟音とまでいかないけれど水の流れる音を聞こえると視線を向けてしまいます。もしくは停車しちゃいます。

登山道を歩いていて、轟音が聞こえてくると早足になっていまいます

以上2点は滝を求めるが故の行動であり、轟々という音を聞いてしまうと体が勝手に反応してしまいます。

しかし、今まで出会った滝の中で、異様な音を発している2滝がありました。

音を現すなら、サラサラ…でしょうか。

709_7 332_3

岐阜県の白水の滝と、石川県の百四丈の滝です。

どちらも落差は72mと90mと十分な大きさ。これだけ大きいと正しくであり、と思っていたのですが違いました。

優しい音、その音だけを聴くと女性的な音。女性の髪が風になびく、そんな柔らかな音。近づけど音は激しさを増さず、サラサラのまま。

驚きました。轟であるのが滝、と判断していたのでそのギャップには大変な衝撃を受けました。

その音を聴きに今一度再会したいものですが、大変危険の伴う道中ゆえ、再び包まれるはいつになる事やら…。

« 滝の音を言葉で表すと…(2号大藤) | トップページ | 滝の音を言葉で表すと…(1号森本) »

4号BALの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233342/32538002

この記事へのトラックバック一覧です: 滝の音を言葉で表すと…(4号BAL):

« 滝の音を言葉で表すと…(2号大藤) | トップページ | 滝の音を言葉で表すと…(1号森本) »

日本の滝百選マップ(地図)

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック