フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 滝巡りをしている際に遭遇した動物(4号BAL) | トップページ | 滝巡りをしている際に遭遇した動物(2号大藤) »

滝巡りをしている際に遭遇した動物(1号森本)

 それはもう、たくさんいますよ。彼らは山の先住者。こちらは彼らの家にお邪魔させてもらっている立場という事を常に心がけて、滝巡りをしています。それではよく出会う順番に書いてみますね。

【1】…ニホンジカ
 これは日光辺りに行けば、嫌ってほど出会えますよ。夜、テントから外に出たら周り中囲まれているのも、ごく普通の事ですcoldsweats01。ちなみに日光には笹藪が綺麗に草刈りされたような場所が所々ありますが、これはニホンジカが食べたから。いったいどれだけの数生息しているのやら。

【2】…ニホンザル
 彼らも日光辺りにはたくさんいますねえ。威嚇してくるし、ある意味一番タチが悪いです。目を合わせると敵意をもたれるので、無視するのが一番です。

【3】…ニホンカモシカ
 国の特別天然記念物。でも、よく出会いますよ。ウシ科の動物なのでノンビリとした雰囲気があり、意外と人なつっこいです。写真を撮影していて、登山道を人が上ってきたなーと思ったらニホンカモシカだった、って事もありましたhappy01
写真は華厳の滝無料観瀑台にて。
1 2

【4】…ヘビ
 意外と出会いません。足音でとっとと逃げちゃいますから。気をつけるのは本土ではマムシのみ。ヤマカガシも毒を持っていますが臆病ですし、毒腺が奥歯にあるので、よほど深くかまれない限り毒が入る事は皆無です。沖縄には猛毒獰猛なハブがいますが、沖縄自体行った事がないのでノーコメントで。ちなみに私はヘビ好きですheart。見つけると走っていって捕まえて遊んであげます。まあ、相手にとっては迷惑でしょうがcoldsweats01。あ、さすがにマムシとは遊びません(笑。

【5】…ツキノワグマ
 二回ほど出会っていますが、あっという間に逃げて行ってしまってじっくりとご対面した事はないんです。一度は5mほどの至近距離で、大きな黒いお尻だけ見せて笹藪に消えていきました。出会い頭だと襲う事もあるでしょうが、鈴などでこちらの存在を知らせながら歩けば、向こうから近づいてくる事はありませんよ。彼らにとって一番恐ろしいのは我々人間なのですから。

【番外その1】…ハチ
 動物じゃなくて昆虫ですが、山で一番危険な生物ですよ。なんと言っても逃げずに襲ってきますから。それに下手すれば命にも関わります。クマなんかよりよっぽど注意が必要です。

【番外その2】…アブ
 アブと言っても大きなウシアブじゃなくて、ハエくらいの大きさのヤツです。夏の日本海側の沢に入ってみてください。血を吸いに黒雲のごとく来襲して来ますから。刺されると腫れ上がって大変だし、もうカンベンしてーって感じです。はあ〜shock

« 滝巡りをしている際に遭遇した動物(4号BAL) | トップページ | 滝巡りをしている際に遭遇した動物(2号大藤) »

1号森本の記事」カテゴリの記事

コメント

猿は観光滝でもよく遭遇しますね。

アブハチ、私にとっては一番苦手です。
山より庭で遭遇するほうが多いのですが・・・?
ハチがいそうな時期には黒い服を避けて、帽子を被って行動しようと気持ち心がけています。

>てるりんさん
猿は確かに観光地に多いですからね。
個人的には一番会いたくない動物です^^;。

庭に来るアブやハチは、花の蜜を吸いにやってくる子たちで、おとなしいが種類がほとんどです。ハナアブは大きいけど人を刺しませんしね。

反対に山にいるのはスズメバチやアシナガバチを中心とする凶暴なヤツらで、巣に近づくものには容赦ない攻撃をするので大変です。
黒い服を避けるのは正解ですよね。帽子は日差しも避けてくれるし、必需品ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233342/32538139

この記事へのトラックバック一覧です: 滝巡りをしている際に遭遇した動物(1号森本):

« 滝巡りをしている際に遭遇した動物(4号BAL) | トップページ | 滝巡りをしている際に遭遇した動物(2号大藤) »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック