フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 私が考える名瀑の定義(4号BAL) | トップページ | 名瀑といえば・・・やっぱり日本三大名瀑。。。でしょ? »

私が考える名瀑の定義(1号森本)

 名瀑の定義…、ここは有名な深田久弥氏の日本百名山fujiの定義からパクってくると楽なんですよねcoldsweats01。その定義とは以下の三つ。

(1)品格

(2)歴史

(3)個性

 百名山をマネるとすれば、この三つを満たす滝が名瀑という事になりますね。でも、遠くからでも見える山と違って、滝はすぐ近くまで行かないと見れない物がほとんどですから、この定義をそのまま当てはめるのは無理があるかも知れません。特に「歴史」を持った滝となると、山奥の滝はほとんど当てはまらなくなってしまうのが辛いところです。なので現実的な妥協としてこの三つの内、二つが当てはまれば名瀑typhoonとしてもよいかもしれません。

 さて、では私が名瀑と思う滝を四つほど紹介してみましょう。

Nachi Dsc_2355_2

 上の二つは左から那智の滝(和歌山)滑川大滝(山形)。那智の滝は定義の全てを満たした名瀑です。これは誰も文句を言わないと思います。

 次の滑川大滝は「歴史」のみが微妙なのですが、近くの滑川温泉の湯治客が古くから見物に行っていた記録があるので、無い事も無いのです。何より「個性」が非常に強いので、名瀑で間違いないと思っています。

Dsc_1096 Dsc_0219

 上の二つは左から行縢の滝(宮崎)百四丈滝(石川)。行縢の滝も那智と同じく、定義の全てを満たしているので名瀑でしょう。渇水期には水量を著しく減らすのが欠点ですが、それは那智も同じようなものです。

 さて、私一押しの名瀑・百四丈滝なのですが、これは山奥なのでやはり「歴史」が微妙だと思うでしょう。しかしそうでもないんですね。なぜならこの滝を見下ろす尾根道は古くから「加賀禅定道」として修験の道だったからです。信仰の山白山へ登る修験者達は、大昔からこの滝を見ていたのです。つまりこの滝も三つの定義全てを満たしている名瀑と言えるでしょう。

« 私が考える名瀑の定義(4号BAL) | トップページ | 名瀑といえば・・・やっぱり日本三大名瀑。。。でしょ? »

1号森本の記事」カテゴリの記事

コメント

遊びにきました。
白山の百四丈の滝のスリルあふれる記事の感動です。
写真をみて滝のしぶきが自分にも降りかかるようなすがすがしい気分になりましたよ。
ありがとうございました。

>山男のつぶやきさん
いらっしゃいませhappy01
私は百四丈滝贔屓なので、記事もそういう傾向になってしまいますね。もちろん公平に見ても、ベスト5には入るのではないかと思っています。
写真で少しでも滝の本当の姿が伝わったならば、こんなに嬉しい事はありません。
こちらこそ、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233342/31526851

この記事へのトラックバック一覧です: 私が考える名瀑の定義(1号森本):

« 私が考える名瀑の定義(4号BAL) | トップページ | 名瀑といえば・・・やっぱり日本三大名瀑。。。でしょ? »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック