フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 私が考える秘瀑の定義(4号BAL) | トップページ | 秘瀑への「熱い」想い(3号佐竹) »

私が考える秘瀑の定義(1号森本)

 秘瀑の条件…それは滝までの道が無い事じゃないかなと思う。道から瀑声は聞こえても、滝が見える場所まで普通には行けない。これも個人的には秘瀑。遙かに遠望できても、滝に近寄る道がない。これも秘瀑に入ると思う。そしてもちろん、何時間も道のないところを歩き、場合によっては山中で何泊かして、危険な場所を乗り越えなくては行けない滝が究極の秘瀑でしょう。

B1

 写真は、シャチアシ沢のヒネリ滝(秋田県)。私が逢いに行った中ではトップクラスの秘瀑。素晴らしい滝だけど、アプローチが大変すぎて、もう一度行く気になるかどうかは微妙なのだ

« 私が考える秘瀑の定義(4号BAL) | トップページ | 秘瀑への「熱い」想い(3号佐竹) »

1号森本の記事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私が考える秘瀑の定義(1号森本):

« 私が考える秘瀑の定義(4号BAL) | トップページ | 秘瀑への「熱い」想い(3号佐竹) »

日本の滝百選マップ(地図)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック