フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 豪瀑について(2号大藤) | トップページ | 滝直下(滝に関する用語あれこれ) »

豪瀑について(4号BAL)

勿論大好きですheart01

基本的に雨男rainなので(嬉しくない)、水量の多い滝に巡り合える確立は高いです。

想像を絶する水の塊が落下する姿は、近づくのが怖いほど。

畏怖の念を抱かずにはいられない、語り尽くせない、それが豪瀑なのです。

ただ、一概に豪瀑が素晴らしいとは言えず、悪い所もあると思っています。

真一文字に落ちる直瀑は確かに水量が多ければ多いほど力強くupなると思います。

しかし、段瀑分岐瀑のように流れに美しさを持つ滝は、豹変してしまうので本来の姿が見られない悲しさがあります(´;ω;`)ウウ・・・。

そうは言っても枯れているよりはよっぽど良いですが。

大雨や台風typhoonが過ぎると、滝に会いたくなっちゃいますよね(o^-^o)。

Img116 Fudounanae1 2007_05010081 Img_0169

奈良県「不動七重滝」

1枚目:水量・大 飛沫の放出が凄い

2枚目:水量・標準 水の流れが綺麗

3枚目:水量・小 幅が半分になってる

4枚目:霧 5分間だけ姿を見せてくれました

« 豪瀑について(2号大藤) | トップページ | 滝直下(滝に関する用語あれこれ) »

4号BALの記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233342/30998257

この記事へのトラックバック一覧です: 豪瀑について(4号BAL):

« 豪瀑について(2号大藤) | トップページ | 滝直下(滝に関する用語あれこれ) »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック