フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 豪瀑について(1号森本) | トップページ | 豪瀑について(2号大藤) »

豪瀑について(3号佐竹)

滝の魅力の一つとして、その圧倒的な
迫力を挙げる人は少なくない。かくいう
私も豪瀑は大好きである。

豪瀑との出逢いが滝を好きになった
きっかけという人も決して少なくないだろう。

なお、豪瀑には2つのパターンがある。

1つはもともと水量が多い滝。一般的に豪瀑と
いって思い浮かべるのは、この普段から常に
水量が多い、いわゆる直瀑といわれる滝の
ことではないだろうか?

またもう1つのパターンは何日間も降り続いた
や集中豪雨の影響により、普段は
水量の少ない滝が豪瀑と化したものである。


Dscn9111


(3号・佐竹)

« 豪瀑について(1号森本) | トップページ | 豪瀑について(2号大藤) »

3号佐竹の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪瀑について(3号佐竹):

« 豪瀑について(1号森本) | トップページ | 豪瀑について(2号大藤) »

日本の滝百選マップ(地図)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック