フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 分岐瀑(滝の形態その2) | トップページ | 渓流瀑(滝の形態その4) »

段瀑(滝の形態その3)

階段状の段差をつくり、2段3段、ときには5段7段と
何段にもなって落ちる滝。直瀑がつらなった形で、
それぞれが滝壺をもつ場合もあります。

Dscn1103 Kif_8189

※添付の写真は左側が「阿寺の七滝」で、
  右側が「轟の滝」です。

(3号・佐竹)

« 分岐瀑(滝の形態その2) | トップページ | 渓流瀑(滝の形態その4) »

滝の形態」カテゴリの記事

滝に関する基本用語・基本知識」カテゴリの記事

3号佐竹の記事」カテゴリの記事

コメント

この形の滝が好きです。
何段にもなっていると美しいですよねヽ(´▽`)/

段瀑がお好きなんですね!段瀑ということならば
七ツ釜五段の滝や不動七重滝などがお薦めです。
もしまだお目にかかってないようならぜひ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 段瀑(滝の形態その3):

« 分岐瀑(滝の形態その2) | トップページ | 渓流瀑(滝の形態その4) »

日本の滝百選マップ(地図)

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック