フォト

滝のHP(相互リンク募集中!)

無料ブログはココログ

« 滝の魅力を語る(2号大藤) | トップページ | 滝の形態について »

滝の魅力を語る(3号佐竹)

Dscn8746_2

私は滝が好きで、もうかれこれ15年以上滝巡りをしている。
やはり滝が好きなのだろう。そして滝にそれだけの魅力が
あるからこそ滝巡りを息の長い趣味として続けられている
のだと思う。

しかしながら『滝の魅力とは一体何か?』と問われるといつも
質問の答えに窮してしまう。冷静に考えれば滝巡りはツラい。
5分や10分で到達することができる滝はほとんどない。
平坦な道のりということもほとんどない。遊歩道が整備されて
いないことも多々ある。急勾配の道を延々と進むのは本当に
ツラい。何度もへこたれそうになる。しかしそうした苦労を
経るからこそ、目標としていた滝に辿り着いた時の到達感、
達成感はたまらないものとなる。だからやめられない。

しかし、それだけじゃないはずだ。それこそ最初のうちは
簡単に到達できる滝ばかりを追い求めていたので、最初から
到達感、達成感を追い求めて滝巡りをしていたわけではない。
まして到達感や達成感だけを求めるのならば何も『滝』である
必要はない。


やはり私は滝そのものがたまらなく好きなのだろう。
滝そのものも好きだし、滝に行き着くまでの行程もまた好きだ
といったところか?自分でもわかったようなわからないような…。

実はうまく説明することができない。それも滝の魅力の一つ
ではないだろうか?


(3号佐竹)

« 滝の魅力を語る(2号大藤) | トップページ | 滝の形態について »

滝の魅力」カテゴリの記事

3号佐竹の記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1233342/30246356

この記事へのトラックバック一覧です: 滝の魅力を語る(3号佐竹):

« 滝の魅力を語る(2号大藤) | トップページ | 滝の形態について »

日本の滝百選マップ(地図)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック